ドライトマトになった織田トマトと対面!新たな一面を発見しました

未分類
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

少しずつフルーツトマトらしいトマトの

収穫量が増えてきました。

夫婦ふたりで収穫していると、それぞれに「これは!!」

いうトマトが見つかります。

そんな時は、お互いに推しのトマトを自慢し合っています(笑)

先日、共に農業を学び合った友人がふらっとトマトハウスに遊びに来てくれました。

友人の手には、何かが入ったジップロックが一袋。
それは我が家のトマトで作ったドライトマトでした。

そのドライトマトをひとくち食べてみると、ものすごく濃厚な味わいにビックリ!
そして、香りを嗅いでみると、甘く華やかで力強いトマトの香りがとってもいい!!


友人曰く、「これはドライトマトじゃなくトマトチップスだ」とのこと。ドライトマトを作ろうとしたらトマトチップスになってしまったそうです。でも、これがうまい!!

見た目も濃い綺麗な赤色をしていて、見てるだけで元気が湧いてきます。

そして、いい意味で驚いたのが皮の食感

フルーツトマトは、水分を絞って育てているため、一般的な大玉トマト等と比べて皮が硬いのが特徴です。

皮がしっかりして噛むとはじけるような食感がお好きな方もいらっしゃいますが、柔らかい皮がお好みの方からすると皮の硬さが気になると仰る方もいます。

私は、この皮について、以前から皮の硬さが気になる方にとっても何かメリットになるようなことがないかと考え続けてきました。

皮が硬い=マイナスポイントのように感じていた私にとって、ドライトマトになったフルーツトマトの皮の食感は、とても好意的なものに感じられたんです。

むしろ、フルーツトマトならではのしっかりした皮だからこそ、ドライトマトになった時に程よい歯ごたえと噛み応えがあり、噛むたびに味を楽しめる。

まるでスルメのように、「噛めば噛むほど味が出る」、そんな味わいをドライトマトで楽しむことができました。

そして、このドライトマトのオススメの食べ方として友人が教えてくれたのが、クリームチーズとの組み合わせ

早速クリームチーズを買ってきて試してみると、本当においしい!!
クリームチーズの濃厚さに、ドライトマトが負けていません。

何枚か食べてみたところで、今度は、クリームチーズの上に、「ドライパセリ」と「粗びき胡椒と塩」の2種類を振りかけて食べてみました。


手前がドライパセリ、奥が粗びき胡椒と塩を振りかけたもの

こりゃあ、かなり美味しい💛
特に、粗びき胡椒と塩を振りかけたクリームチーズとドライトマトの組み合わせは、大人の上質なお酒のつまみとしてかなりオススメです。

就農した当初、生トマトが苦手な私は、生トマト以外にトマトを楽しむ方法を模索し、ドライフルーツ専門店でドライトマトをたくさん買い込んで食べ比べをしていたことがありました。

けれど、そこで満足してしまったのか、実際にドライトマトを作ろうと試みたことはありませんでした。
また、我が家のトマトがドライトマトに向いていると思ったこともありませんでした。

でも、友人が持ってきてくれたドライトマトによって、我が家のトマトがドライトマトにかなり向いていることに気づかされました。

夫婦でもそうですが、相手のことをもう全部知っている気になっていても、まだまだ新たな一面があるということが多々あります

それはトマトについても同じなんですよね。

明日からまた新たな気持ちでトマトたちと接しながら、トマトたちが持つたくさんの可能性を引き出せるよう織田トマトの親としてがんばります!!

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

未分類
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました