あなたは誰かにとっての菩薩です

織田トマトの日々

完璧な状態にならないと
人を救えない?

いいえ。
そんなことはありません。

そのことを私たちに
教えてくれる方がいます。

今日はその方のお話。

 

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

 

例年にない
10月半ばまで続く暑さに

「一体いつ秋が
やってくるんだろう?」

そんなことを思っていたら

あっという間に気温が
下がりましたね。

 

 

気温が下がってくると
嬉しいことがあって

それは

農作業中にタブレットを
使えること。

 

トマトハウスの中が
あまりにも暑いと

持参したタブレットがすぐに

高温注意

の表示になっちゃうんです。

 

でも

これだけ気温が落ち着けば
そういう心配をせずに
使うことができます。

 

ということで

昨日はYouTubeを流しながら
農作業をしていました。

 

私は農作業中にタブレットで

講座やYouTubeの音声を
流しています。

 

その中でよく流している
YouTubeチャンネルが

大愚和尚の一問一答』。

 

これは

寄せられた相談に
大愚和尚が答える

というものです。

 

昨日も農作業をしながら
聞いていると

こんな話が出てきました。

 

それは

如来と菩薩の違い

 

さて、この違い
あなたは分かりますか?

 

 

 

まず

如来も菩薩も同じ仏さまです。

ただ

仏さまにも階層があります。

 

如来は

悟りを開いた存在であり
仏さまの中で最高位にいます。

 

一方

菩薩は

如来に次ぐ位の仏さまであり
悟りを求めて修行しながらも
人々を救う役割を果たしています。

 

仏像にも「位」があるって知ってますか?|仏像のキホン講座#1|ほんのひととき|note
こんにちは、仏像イラストレーターの田中ひろみです。 私の新刊『仏像イラストレーターがつくった 仏像ハンドブック』から、仏像鑑賞のツボを皆さんにお伝えします。奥深い仏像の世界ですが、ちょっと知識があるだけで、より楽しめるようになるんですよ。 「仏像」と一括りにいっても、種類があるってご存知でしたか? たとえば、「阿...

 

実は私はこれを聞いて
ちょっと衝撃だったんですよ。

 

というのも

如来は悟りを開いてるから
人々を救えるのは当たり前です。

 

でも

まだ悟りを開いていない
菩薩も人を救えるんだ!!

ってことに驚いたんですね。

 

悟りにおいて

如来は完成された姿であり
菩薩は未完成な姿。

 

その未完成の菩薩が人を救える。

 

私たちはついつい

まだまだ○○できてないうちは
◆◆できない

って思って

完璧な状態になってから
◆◆しよう

って思ったりしますよね。

 

でも

その完璧な状態って
いつやってくるんでしょう?

 

ちなみにお釈迦さまの
後継者として如来になることを
約束された菩薩に

弥勒菩薩がいます。

 

 

この弥勒菩薩が如来となるのは

なんと!

 

56億7000万年後!!

 

仏さまであっても
悟りを開いた完璧な姿に
なるためには

こんなに時間がかかるんですよ!!

注:宗派によっても
捉え方は異なるようです。

 

だったら

凡人である私たち人間は

完璧な状態になるのを待ってたら
人生が終わってしまいます(^^;)

 

だからこそ

未完成のうちから
できることを精一杯やる

 

それに

自分にとっては
まだ未完成な状態でも

誰かにとってのあなたは
経験も積み知恵もある存在
なんです。

 

そう

それはあたかも

人間にとっての
菩薩のような存在。

 

 

 

やってれば

そこに必要な情報と
人と環境が開けてくる。

 

そんなことを

完璧からは程遠い
未経験から農家になった
私たちは思うわけです。

 

 

あなたは一体誰にとっての
菩薩ですか?

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました