人生100年時代に大事なこと

織田トマトの日々

人生でこれだけは
「絶対」だと
言えることがある。

それは

誰もがいつかは死ぬ

ということ。

それがいつやってくるのか
それは誰にも分からない。

だけど

自分の死を考えること

それは同時に

生きることについて
考えることでもある

って思う。

今日はそんなお話。

 

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

 

「年寄りだからもう無理だよ」

「老後はのんびり
穏やかに過ごしてね」

 

私たちは

自分の祖父母や両親
はたまた周りの年配の方に

こんな言葉を
かけていないだろうか?

 

そう思いながら

自分のこれまでの言動を
振り返ってみたのは

とある音声を聴いたから。

 

それは

作家でビジネスコンサルタントの
和田裕美さんのオンラインサロン

パワースクール
で毎月届く会員専用の音声。

 

 

そこで話されていたことが

冒頭のような言葉を
かけられることによって

人は老人を演じなくては
ならなくなる

という内容だったんですね。

 

だけど

70代、80代になったら
のんびりゆっくり過ごしたい

かっていうと

みんながみんな
そうじゃないんですよね。

 

それに

20年後、30年後は
どんどんテクノロジーが
進化している。

 

ということは

私たちは今私たちが思う
老後の過ごし方ではなく

何十年後の未来
に標準を合わせた
老後の生き方をしていく

 

だから

70代80代になっても
チャレンジし続けるためには

まずは夢を持ち続ける
ことが大事なんだ

 

って話されていたんです。

 

そして

和田さんはこの音声の中で

とある韓国ドラマを
紹介されました。

 

そのドラマとは

『ナビレラ』。

 


『ナビレラ』韓国公式サイトから引用

 

70歳のドクチュルが

若きバレエダンサー
チェロクと出会い

子どもの頃に諦めた
バレエへの憧れや
抱いた夢を思い出し

挑戦していくというもの。

 

70歳にしてバレエに挑戦する
ドクチュルにとっては

自分に残された時間が
有限であることを分かっている。

 

だからこそ

「もう年寄りなんだから」

という言葉でまわりに
反対されながらも

自分の夢に正直に果敢に
チャレンジしていくんです。

 


Netflixから引用(『ナビレラ』はNetflixで観ることができます)

 

このドクチュルの姿を見ていて

40代の私も

「もう歳なんだから」

って自分で自分に言ってないか?

って思ったんです。

 

だけどね

当たり前だけど

70歳のドクチュルに比べて

40代の私のほうが
残された人生が長いかなんて
分からない。

 

でも人はついつい

今いくつだからあとだいたい
これくらいは生きるだろう

って当たり前のように思って
夢を先送りにしてしまったりする。

 

だけど

誰もが死ぬ時に

あー、しあわせに生きたな

って心から思えるために

私たちそれぞれが
今やれることは

自分がやりたいことを
やりたいと思った時に
とことんやる

ってことなんですよね。

 

ドラマを観ていても

幼い頃に憧れたバレエを
習うドクチュルの無邪気な姿が

これまたとっても
素敵なんですよ。

 

 

あなたには夢はありますか?

あるとしたら
それはどんなことですか?

その夢について
今からやれることはなんですか?

 

そして

夢が思い浮かんだ方
もいる一方で

夢がないと思われた方も
いるかもしれません。

 

でも安心してください。

 

実は

この私自身が

「夢」って聞かれても
今は明確に答えられるものが
ありません。

 

だけど

自分のエンディング
を想像した時に

やっていなかったことや

先送りにしてきた
やりたいことがあるなら

まずはそれを今できること
からやってみませんか?

 

それはなにも
すごく大きなことでなくていい。

 

私も和田さんの音声を聞いて
まずやったことは

Netflixに登録して
『ナビレラ』を観ること
でしたから(笑)

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました