コンサートで生きざまと世界観を学ぶ

好きなもの

こんなにも言葉にならない体験は
今までそうないかもしれない。

「俺はとにかくやるぞ!!
お前はどうする?」

歌を聴きに行ったつもりが
これからの生き方を問われた。

そんな気にさせられた
ステージに出会った。

今日はそのお話。

 

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

 

いよいよ待ちに待った
あの日がやってきました!

 

ということで

昨日は午前中で
トマトの仕事を終えて
夫婦ふたり車に乗ること4時間。

 

やってきたのは
兵庫県神戸市にある
神戸国際会館こくさいホール。

 

この日はとある方のコンサート
が開催される日だったんです。

 

それは

そう!

玉置浩二さん

 

 

毎日ブログの師匠である
板坂裕治郎さんのブログを読んで
速攻でチケットを購入した私は

あれから指折り数えながら
この日を待ち望んでいました。

 

ただのミーハーだっていい!
あなたのいいところを ひとつ挙げてください。 そう言われたら あなたはなんて答えますか? 今日はそんなお...

 

夫にとっても玉置さんは
今いちばん生で
聴いてみたい方であり

 

いろんな方からも

 

玉置浩二は一度でいいから
生歌を聴いてみたい

 

とか

 

日本のアーティストで
歌が一番うまいと思ってる

 

っていうことを
聴いていただけに

当日の期待値はとにかくすごかった!

 

実際はどうだったかというと

 

どう表現していいのか
言葉が見つからない

 

とにかくね

自分の語彙力のなさを
ものすごく痛感しています。

 

ただ言えるのは

玉置浩二という
強烈な世界観がそこにあった

 

音楽もエンターテインメントも
いろんなスタイルがあるけれど

あれは玉置さんにしか出せない世界。

 

歌がうまいとか
もはやそういう次元ではなく

私はあのステージで
生き方を問われた

そんな気持ちになったんです。

 

自分が信じるものを
舞台の上で100%全て出し切る。

 

誰かの良いとか悪いとか
そういう評価軸の中にはいない。

 

俺が信じた愛を届けるんだ!

 

っていうめちゃくちゃパワフルで
熱くてあったかい

そんなひとりの人間の生きざまを
まざまざと見せつけられた

そんなステージでした。

 


終わってから夫婦で余韻に浸ってました

 

それにしても

毎日ブログの師匠である
裕治郎さんといい

デビュー以来
何十年も観客の耳と視線を

ずっと惹きつけ続ける
玉置さんといい

とにかくパワフルな先輩方を
間近に見ていると

40代の私も

「こうしちゃいられない!!」

っていうなんか底力みたいなものが
體の底からどんどん湧き上がる。

 

その証拠に

普段なら車の中で速攻で寝る私が
あまりの興奮で寝られず
自宅まで目がパッチリしてたし(笑)

 

やっぱりこういう体験って
大事だなぁ。

 

頭で学ぶことも大事だけど

體と心で学ぶことは
人生まで変える

 

心が動く場に自分の身を置くこと。
どんどんやっていきましょうね!

 

玉置さんのコンサートがあったら
ぜひ足を運ばれることを
オススメします!!

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

好きなもの
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました