まごころのままに生きる

織田トマトの日々

自分の本音を抑えて抑えて
誰かのことを最優先に考える。

私が救いたいと思う原点に居る人は
いつもそんな女性でした。

今日はそんなお話。

 

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

 

昨日のブログで

本居宣長が定義した
まごころについて書きました。

 

あなたの使命はなんですか?
あなたは自分の「使命」について 考えたことはありますか? 私はある時から そのことについて 考えるようになり...

 

それは

事に触れて動く心

 

そして

そのまごころこそが
私の使命と関係している

そう思っています。

 

以前のブログで書いたように
私が救いたいと思う人の原点。

 

それは

私が子ども時代の母です。

 

子どもにとっての太陽はお母さんです
子どもにとっての太陽。 それは 「お母さん」。 お母さんが笑っていることが 子どもにとっては ...

 

母は幼いころから病弱で
自分の両親にたくさんの
心配をかけたからこそ

これ以上迷惑をかけたくない
という想いが強い人でした。

 

だから

娘の私からすると

ずっと本音を抑えて
生きてきた人

です。

 

そんな母は縁あって
父と出会い結婚しますが

父の諸々のことで
母はたくさん悲しい想いを
してきました。

 

だから

母の脳裏にはひとつの
選択として離婚がありましたが

それを決断することが
なかなかできなかったんですね。

 

その理由は

やっぱり私たち子どもの存在。

 

 

母には経済力がないからこそ
子どものことを考えると
離婚はできなかった。

 

だから

結婚生活は我慢の連続
だったと思うし

すごく我慢強い女性だと
娘の私から見ても感じます。

 

そんな母を見てきた私は

お母さん、もっと自由になっていいよ。」

って心から思っていたし
そう伝えても来ました。

 

でも

母はなかなかそれが
できなかったんですよね。

 

そんな母は私を見ては
よくこんなことを言います。

 

あなたはいつも自由でいいね。

そんなあなたを見てると
もっと自由に生きてもいいのかなぁ

って思えてくる

 

私も母の子どもですから

母譲りの我慢強さがちゃんとある
とは思ってるんですが(笑)

 

まあそれでも

世間体とかあんまり気にせず

自分が嫌なことはやらないし
自分が好きなことはとことんやる

というのは

三つ子の魂百までというくらい
小さい頃から変わっていません。

 


コロナ以前は夫を置いていきたい場所があれば全国各地に出かけておりました

 

もちろん

今暮らす場所は狭い町ですし

私はSNSを通じて自分の行動を
以前から発信してますから

いろいろ言われていることも
承知の上です。

 

それでも

やっぱり私は私の心が
ときめくことをしたい

 

そして

そんな私の心がころころ動き
その心のままに生きる人生を
伝えていきたい。

 

母のように

家族を優先し
自分の本音を抑えてきた女性が

自分の心の声を聴き
その心の欲するままに
自分らしい人生を謳歌する

 

そのために私ができること
をこの人生ではやっていきたい。

 

そんな想いを込めて

私はいつもこの言葉で
あなたに向けて書く手紙を
締めくくっています。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました