あなたの使命はなんですか?

織田トマトの日々

あなたは自分の「使命」について
考えたことはありますか?

私はある時から
そのことについて
考えるようになりました。

今日は私が今思う
私の使命について書いていきます。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

 

11月1日から

新型コロナウィルス対策による
大規模イベントの

1万人以上の人数制限が
解除されることになりましたね。

 

収容定員を50%以内に抑える措置は
当面の間続くことのことですが

少しずつ以前のようにイベントの
開催が復活しているようで

夫がドラマーで
エンターテインメント
が大好きな私にとっては

こういうニュースは
とても嬉しいなぁ♡

 

今回のコロナ禍で実感したことは

エンターテインメントは
不要不急のものかもしれないけど

 

人生を豊かにしたかったら
私にとっては不可欠なものだ

 

ということ。

 

そして

このコロナ禍では
多くのアーティストたちが

エンターテインメントにおける
自分の使命を実感し

迷いながらもその火を絶やさない
という強い気持ちを持って

できることに邁進された日々
だったんですよね。

 


元記事はこちらから

 

最近はブログを書きながら

私自身の使命って一体何だろう?

って考えながら書いてい
ることもあって

こういった記事には
ついつい目がとまってしまいます。

 

ところで

みなさんは自分の使命について
考えたことはありますか?

 

「使命」とまではいかなくても

近いことを考えられた
ことがある方は

結構いるんじゃないかと思います。

 

私自身も今まで何度も
考えてきていますが

まだハッキリしたことは
見つかっていません。

 

ただ

どうやら私の使命には

まごころ(真心)が深く
関係するらしいんですね。

 

とある方にこのことに
気づかせてもらってから

「まごころとはなんぞや?」

と考える機会が増えました。

 

まごころを辞書で引いてみると

 

・真実の心
・偽りや飾りのない心
・誠意

 

と書かれています。

goo辞書より引用

 

そうやってまごころについて
調べていくうちに
出会った歌があります。

 

それは

 

事しあればうれしかなしと時々に
うごくこころぞ人のまごころ

 

これを詠んだのは本居宣長。

 

本居宣長はまごころについて

 

事に触れて動く心

 

だと定義しました。

 

本居宣長研究ノート「大和心とは」 本論:第七回「「真心(まごころ)」とは」の巻
本論は、わが国近世の国学者、本居宣長の思想研究を通して、日本人の根底にある精神の型、すなわち「大和心(やまとごころ)」を闡明せんとしたものです。

 

実は

以前の私もそうですが

まごころって聞くと

優しいとか

人のことをとにかく
想う心のことのような

なんか「いいもの」っていう
価値判断があった。

 

でもね

本居宣長は

 

そこに一切の価値判断を
伴わない

事に触れて動く心の
純粋な機能のこと

 

をまごころだと言ったんです。

 

 

 

だけど

心が動くっていうことは
結構エネルギーを使うんですよ。

 

特に悲しみとか怒りの時って

その悲しみや怒りが
大きければ大きいほど

ダメージも大きくなる。

 

それに

子どもならまだしも

いい大人が心のままに表現することが
幼稚に思われがちなこともあって

どんな事態にも
心を動かさないことがよし

とされる傾向が世間にはある。

 

でも

こころを動かさないことが
素晴らしいわけではなく

こころがありのままに
動くことこそ人であり

そこに良いも悪いもない。

 

そして

この目の前に現れる
いろんな出来事に

心がころころと動き
それを表現していくことが

私の使命と繋がっている
んじゃないかなぁって

私は思ってるんです。

 

じゃあ、なんで
そう思うようになったのか。

 

それは明日また書いていきますね。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました