オンラインで見られていること

織田トマトの日々

コロナ渦になって
以前は当たり前だったことが
どんどん変わっている。

そしてまた

コロナ渦が落ち着いてきた
ことによって

以前の生活が
戻ってきつつあるけれど

今度はそれになかなか
ついていけなくなっている。

そんなこと
あなたはありませんか?

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

緊急事態宣言が
解除されて3週間。

 

そんな中で懸念されているのが
この「隠れ疲労」。

 


元記事はこちらから

 

以前は当たり前にやっていた
通勤や満員電車、
職場などでの飲み会。

 

それが

長く続く自粛生活で
やらなくなっていた分

いきなりやろうとしても
今度は體がついて行かないし
なんだかやけにしんどい。

 

そんな方が最近は
結構多いんじゃないかと
思います。

 

 

 

 

この隠れ疲労の正体は
自立神経の酷使。

 

これまでの自粛生活から
いっきに元の生活リズムに
戻ることで

自律神経がそれに適応するために
大きな負担がかかるそうです。

 

そうやって

これまで何十年もやってきた
当たり前だった生活でも

2年近くやらなくなっただけで

もうそれをやる体力も
なくなってしまっていたり
するんですよね。

 

そしてね

これって體のことだけじゃなく
表情にも言えることなんです。

 

それを私が特に感じるのが
ZOOMをやってる時。

 

コロナ渦になってから
多くの方がほぼ毎日のように

仕事の打ち合わせなどで
オンラインを活用されてますよね。

 

 

私も普段から
よく使っています。

 

そのオンラインの時に
真っ先に目が行くのが

相手の方の表情。

 

私は化粧品会社時代に
自らお客さまの対応を
行うことはもちろん

接客するスタッフや
営業スタッフに対して

美容や応対の指導を
していました。

 

この接客や取引営業の時に
大事なことのひとつが

表情なんです!!

 

だから

退職してだいぶ経つのに
ついつい表情に目が行く
んですよね(笑)

 

でも

コロナ渦になって
オンラインが主流になってから

この表情格差はますます
開いているなぁ

って感じています。

 

というのも

オンラインだと

表情を意識すること
を忘れちゃっている方が
とても多いんです

 

その理由は

対面の時ほど相手の視線を
感じないから。

 

だから

つい顔が無表情になっていたり

もしくは集中し過ぎているのか
眉間にしわを寄せたような

怖い表情になっている方が
結構います。

 

だけど

自分が思っている何倍も
あなたの表情は見られています

 

 

 

 

そして

表情を少し意識するだけで
他の方よりも圧倒的に
好印象を与えることができる!

 

でもね

しばらくやってなかったことを
いきなりやろうと思っても

體はなかなか
ついていかないんですよ。

 

だからこそ

今のうちから表情を
意識してみる。

 

オンライン生活で鍛えた
表情は

オンラインはもちろん

リアルの時にだって
相手の方へのあなたの印象を
さらに良くしてくれるはずです。

 

私も普段のオンライン
はもちろん

リアルで会いたい人達に
会う時のために

夫婦ふたりっきりの
トマトハウスで

トマトたちを相手に
めっちゃ笑顔を振りまいて

表情筋を鍛えています(笑)

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました