最高の親友とは?

織田トマトの日々

あなたには親友と呼べる人はいますか?

答えは人それぞれだと思いますが
それでも誰でも必ずひとりは親友がいる。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

昨夜は徳島で一泊して
今日、高知に帰ってきました!

高知駅に到着する私を迎えてくれるのは
軽トラに乗った夫。

いつも私が県外から帰ってくると
こうして迎えに来てくれます。

 

夫の姿を見ると

私、家に帰ってきたんだぁ

って思うんですよね。

 


お土産に買って帰った徳島県民のソールフードと呼ばれる『大野海苔』

 

ところで

私は高知に移住してから
近くに友達っていません。

 

移住した当初はそれこそ
新しい友達ができたらいいなぁ

って思ったこともあったんですけど

 

会社に勤めてるわけでもなく
どっかに通ってるわけでもないから

新たな友達をつくる機会もあんまりなくて。

 

でもね

今は友達が欲しいと特に思っていなくて。

 

それってなんでかなぁ?って思った時に

友達がいなくても何も困らないし
なんだかんだで気楽だし

っていうこと以外に

なるほど!って納得した理由に
気づいたんですよ。

 

それは

私にとって既にもう立派な親友が
いるから他に必要がなかった

ってことなんです。

 

その親友こそ夫なんですよね

 

 

そして

実は私にはもうひとり最高の親友がいる。

 

その親友とは

 

私自身

 

私の心そのものであり
潜在意識と言われるもの。

 

私がなんとなくやってることに対して
本心で望んでないことだったりすると

ザワザワっとした感情で
それを教えてくれたり

心の琴線に触れることに出会うと
じんわりあったかい気持ちになる。

 

でね

こんな素敵な親友はあなたにだって
ちゃーんといるんですよ。

 

あなたの心がザワザワしたり
あったかくなったり

それはあなたの最高の親友が
語りかけているしるし。

 

 

でも

その親友の存在を見て見ぬ振りし続けたり
語りかけに応じなかったりすると

いつの間にか存在を潜めちゃう。

 

だから

そんなあなたに代わって
あなたの最高の親友に語りかけ

ふたりの絆がもともとしっかり
結ばれていた状態に導く。

 

それが

私たちが毎日トマトに愛をこめて
語りかけている理由です。

 

 

人は食べたもので作られる。

 

だから

大袈裟でもなんでもなく

食はあなたの人生を変えるんです。

 

トマトを通してあなたの心が癒され

最高の親友とますます
絆を深められますように。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました