普通を突き詰める

織田トマトの日々

相手の「普通」を知ることは
相手の本質を知ること。

だからこそ

「普通」を突き詰めてみることで
相手に寄り添えるんじゃないか⁉︎

そう思った出来事について
今日は書きました。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

「なるべく普通の人をやってください」

「それが一番難しいんです」

 

このやり取りはこの記事に
書いてあったもの。

 


元記事はこちらから

 

 

最近はバラエティー番組の出演や
俳優としても活躍している

GENERATIONZのメンバー
関口メンディーさんが

今回の短編映画では
これまでのコミカル路線役
とは打って変わって

いわゆる

「普通の人」を演じるらしい。

 

でも

この「普通の人」を
見ている人が違和感なく
演じられる人って

むしろめちゃくちゃすごいって思う。

 

それがいわゆる名バイプレイヤー
って言われる方々だろうし

そういう俳優さん方で
脇をしっかり固めている
映画やドラマは
それだけで観たいって思う。

 

だけど

これがビジネスとかになると
「普通の人」って

なんか評価低いみたいな印象
受けることってありませんか?

 

 

実際に私もこれまで
そう思ってたとこがあって

若い時はいかにエッジが立つか
ってことを考えたし

同じ会社でそういう
尖った人を見ると
ちょっと羨ましかったり。

 

実は今月上旬に受講した
NJE理論ブログのフォローアップで

トマト農家になってからの
すごい経歴を見つける

というワークがどうしても
書けなかった私。

 

それで

 

あかね
あかね

そういうすごいことがない人は
どうしたらいいんですか?

 

って聞いたら

 

そういう人は

「普通の人」
でやるしかない

 

 

って講師の裕治郎さんに
言われまして。

 

この時何もない自分に対して
ちょっとガックリしたんです💧

 

でも考えてみれば

映画もドラマも
この「普通の人」がちゃんと
演じられているからこそ
リアリティが出るんですよね。

 

そして

リアリティが感じられるからこそ
観ている人はその物語の中に
入っていけるし心を動かされる。

 

 

だから

すごい経歴も肩書も
今は何も無いなら

「普通の人」を徹底してやる

 

それは

平均的な人間になれ
っていうんじゃなくて

普通を突き詰めてみる

ってことだと私は思っていて。

 

普通が一体何なのか

私たちが育てるトマト
を喜んでくれる方々の

「普通」である日常
をとことん知る。

 

そして

そこにどんな心の動きがあって

笑ったり泣いたり
喜んだり怒ったりするのか?

丁寧に見ていく。

 

それは

私が「普通の人」だからこそ
そこに辿り着けるし

共にそれを実感したり
寄り添える部分なんじゃないか

って思っているんです。

 

だから

まだ「普通の人」でよかった(笑)

 

あなたにとっての「普通」って
どんなことですか?

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました