キャッチコピーを作りました!

織田トマトの日々

あなたはどんな人ですか?

そう聞かれたらちょっと
口ごもってしまうこと
ありますよね?

そのためにあるといいのが
自分のキャッチコピー。

そんなキャッチコピーについて
私も試行錯誤しながら
作ってみました。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

先日、自分のキャッチコピーを
考える機会がありました。

 

その機会とは今学んでいる
NJE理論毎日ブログのコミュニティ。

 

 

毎月2回ほどこうした学びの
機会を作ってくれています。

 

その前にはプロフィールに
ついて学ぶという機会もあって

実はそこで早々に
躓いてしまった私💧

 

というのも

夫婦ふたりの今に至る過程を
どうやって書いていいのか
なかなかまとまらず。。。

 

とは言っても

これまでにも何故私たちが
今トマトを栽培しているのか

そこに繋がる私たちの
過去だったりいろんな想いを

何度となく夫婦で
深堀りしてきました。

 

家族関係の連鎖を断つ
40代になって過去の年数が 増えてくると それだけ抱えてきたものも いっぱいある。 特に家族関係において...

 

だから少しずつ私たちが
伝えたい世界観について
見えてきています。

 

そんな状態で参加した
キャッチコピーの勉強会ですが

これがまた難しかった💦

 

ちなみに

ブログの師匠である
裕治郎さんのキャッチコピーは

 

人生を百発百中変える
アホ社長再生プロモーター

 

そして

 

心の闇を光に変える
アホ社長再生請負人

 

 

 

まさにこの中に
裕治郎さんの伝えたいことや
やっていることが詰まっている!!

 

じゃあ

私の伝えたいことや
やっていることってどんなこと?

 

その日の勉強会では結局
「これだ!」というものが浮かばず

その後もトマトハウスの中でも
寝る前のベッドの中でも
とにかく自分に問い続けた。

 

その結果、現時点での
「これだ!」っていうものを
作ることができました。

 

それは

 

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使

 

えーと

今このブログを読んでいる
多くの方が「???」だろうなぁ
と想像しつつ

今回はいろんな説明は
すっ飛ばすけど(笑)

 

私たちのビジョンは

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にすること

 

そんな大人たちの細胞に
エネルギーが湧きおこり
自分の人生を謳歌する

その源として大空と大地の愛を
トマトを通してあなたに
繋ぐ存在でありたい

 

そして

大空と大地を繋ぐ存在と言えば
天使(Angel)なんです。

 

 


漫画家で心理アドバイザーのナンヴヒロコさんに書いてもらった四コマ漫画。織田トマトのキャラクターもナンヴさん作です。

 

 

ええ、大の大人が天使とか
言ってて笑われるかもしれないけど

私は本気です💛

 

まあまだこれから毎日ブログを
書く中で自分と向き合い

伝えたい世界観が
もっと明確になれば

それに伴ってキャッチコピーも
ブラッシュアップしていきますね。

 

ということで

どんどん各地を飛び回って
大空と大地の愛を
あなたに繋いでいきます。

 

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました