アラフォーと老化

好きなもの

40代になってだんだんと
実感するようになったもの。

それは老化。

まだまだ気持ちは20代と
変わらないつもりなんだけど(笑)

確実にからだは変化してるんだよね。

そんな生きてれば誰にでも訪れる
老化現象について
今日は書いていきます。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

ある日ふと自分の年齢に
向き合わざるを得ない時がある。

 

そんなことを実感したのは
この漫画を読んだから。

 


セクシー田中さん』(芦原妃名子 著)

 

これね

漫画を普段読まない方にも
是非とも読んでほしい。

 

特に私のようなアラフォー
の女性にはかなり刺さると思う。

 

でね

以前ブログで左肩が痛いって
ことを書いたんだけど

 

時代とともに仕事の在り方も変わる
時代が変われば在り方が変わる。 それは 今この世にあるいろんな仕事に だって言えること。 今日はそん...

 

その理由がiPadの持ちすぎだと
私はずっと思ってたんですよ。

 

だけどね

それが理由じゃなかったんだ!
ってことに気づいちゃったの。

 

というのも

私の左肩の痛みが
この漫画に描いてあったことと
ほとんど同じ状態だったから。

 

で、その状態とは

 

四十肩

 

↑ちなみに30代でも四十肩って
言うらしい

 

確かずっと前に実家の母が
なったようなそうじゃないような

それくらい遠い記憶にある
ワードだったから
全く考えもしなかったわけ。

 

だけど

この漫画に出てくる田中さん(40歳)
と痛みのシチュエーションが
全く同じなんだよね(^^;)

 

ということで私の中で
ほぼ確定したわけです。

 

この四十肩
なにせとにかく痛い!!

 

何もしなくてもズキズキ痛くて
寝返りもなかなかうてない。

 

 

 

 

この加齢と向き合う現実って
年代によってもそれぞれあるけど

実際にその時を迎えると
いろいろと感慨深いものがある。

 

そんな私と同じ四十肩に悩む
この漫画の主人公のひとりである
40代の田中さんは

20代の若い女性から
「枠外」って言われちゃう

友達も恋人もいない
ただただ地味なアラフォー女性。

 

「おばさん」って
周りから蔑むように
言われることに慣れきって

それを仕方ないって
認めてた田中さん。

 

↑親しみ込めて周りや自分が言う
「おばさん」は全然いいんだけどね♡

 

だけど

35歳の誕生日に鏡に映った
自分の姿を見て

これからの人生を
胸を張って生きていきたい

って決心してから

食生活を変えジムに通い
ベリーダンスを始めるんです。

 

 

 

 

そこで自分の新たな居場所を得て
はじめての恋をして

容姿や年齢に対する心無い
言葉を浴びせられても

その度に背筋を伸ばして
生きていく。

 

40代になってくると

白髪が増えてきたり
体力がついていかなくなったり
記憶力が落ちてきたり

そういうリアルでやってくる
加齢に向き合わざるをえない。

 

だけど

 

今この時が一番若いんだ

 

って

記憶力が衰えたなら
若い子よりも何倍も練習したり

その時の自分に合った
肌や髪、からだのお手入れをやったり

自分を諦めず手をかける。

 

 

 

 

そうやって年齢とともに
その時その時の私を
しっかり味わいながら生きていこう。

 

ということで

これから私も四十肩の対策を
練っていきます(笑)

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

好きなもの
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました