正義だと過信しない

好きなもの

自分を表現することは
相手と理解し合うのに
とても大事なこと

だけど

そこには相手を傷つける
可能性をはらんでいる。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

毎日ブログを書くように
なって約5ヶ月。

 

ブログも毎日書くようになると
ネタを見つけることが必須なので

以前よりもよくYahoo!ニュース
を見るようになりました。

 

今日もいろんな記事
が載ってたけど

その中で興味深く読んだ
記事がこちら。

 

「ジョブチューン」審査員が食べずに「不合格」で賛否の声「前代未聞過ぎる」「相手に失礼」「あり得る」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 1日に放送されたTBS系「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!★セブン・ファミマ・ローソンの人気商品を一流料理人がジャッジ!」で、審査員の1人がファミリーマート(ファミマ)の「直巻和

 

実は元日に放送されたこの番組、
私もリアルタイムで観てまして。

私自身もいろんなことを
感じた番組内容だったんですよね。

 

でね

私がYahoo!ニュースを
見る時に最もよく見るのが
コメント欄。

 

いわゆる「ヤフコメ」。

 

 

 

 

これを読むといろんな人がいて
いろんな考えがあるんだなぁって
知る機会になるんです。

 

その一方で

それぞれがそれぞれに
意見を述べる自由闊達な場は
大切だと思うけれど

不必要に他人を傷つける事
においては法的な整備も含めて
しっかり行われる必要があるし

みんなが安心して使えることが
とても大事だと思っています。

 

その上で

私は日頃からこのことを
意識するようにしています。

 

それは

私たちは意図せずに誰かを
傷つけている可能性が
あるんだということ

 

私もかれこれ10年近く
SNSをやっています。

 

私自身の経験や想いを
表現することで

誰かのお役に繋がることが
あればいいなぁと思いながら

毎日ブログを書いたり
SNSで頻繁に発信しています。

 

けれど

発信すればするほど
その可能性は出てくる。

 

じゃあ発信しなければ
いいのかって言うと
そういうことじゃなくて。

 

どれだけ細心の注意を
払ったとしても

誰かが私の言葉で
傷つく可能性は0じゃない

 

それをちゃんと知り
頭の片隅に置いておくってことが
大事だと思ってるんです。

 

私が学生時代から
何度も読み返す漫画のひとつに

『BASARA』という漫画
があるんですが

 


BASARA(田村由美 著)

 

その中で

父と兄、村の仲間を
殺された主人公の更紗が

宿敵を討つ中で
多くの人を傷つけてしまう
ことに葛藤するシーンがあって。

 

そこで

教育係として幼いころから
更紗を導いてきたナギが
こう呟くシーンがあるんです。

 

 

あの子は知らなければいけないんです

 

自分は決して正義の使者

ではないのだと

 

 

 

もちろん

更紗と私とじゃ全然
立場が違うんだけど(^^;)

 

それでも

自分が正義でもなんでもなく
弱さもありエゴもあり

誰かに傷つけられる
可能性と同じくらい

誰かを傷つけることが
ある存在だって知る

 

その上で自分ができる最大限の
思いやりを表現していく

 

それが相手とのやさしい関係
の第一歩になるんじゃないか

 

そう思っています。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

好きなもの
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました