“こんなこと”で人は悩む

織田トマトの日々

周りを見るとみんなが元気で
強くてイキイキしてて
悩みなんてこれっぽちも
無さそうに見える。

でも

そんな風に見えてる人でも
人から見えない場所では
ひとりで悩み苦しんでたりする。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

 

20,830人

 

 

これは2021年の自殺者数です。

 


元記事はこちらから

 

 

先進国(G7)の中では日本が最も
自殺率が高い国となっています。

 

令和3年版自殺対策白書
令和3年版自殺対策白書について紹介しています。

 

自殺の原因にはいろいろありますが
その中でも多くの割合
を占めているのが
健康問題だと言われています。

 

健康問題の中では

身体的なものからうつ病
統合失調症、
アルコール依存症など
精神に関わるものが多く挙げられます。

 

ところで

諸外国と比べ自殺率が
高い日本ですが

精神病患者の数は
アメリカの方が断然多いと
言われています。

 

それは一体何故なのか?

 

その理由は

アメリカでは

失恋したり
ペットが死んだり
テストの点が悪かったり

そうやって日常でちょっと
落ち込んだら予約を入れて
会う相手が精神科医だから。

 

だけど

日本では最後の最後に
辿り着くところ

って感じじゃないですか?

 

いや、もしかしたら
辿り着けるだけいいのかもしれない。

 

だって大体の人が

“こんなこと”で悩んでる
なんてみっともない

って精神科を受診することもないし
なんなら自分を責めたりする。

 

それだけ日本では
まだまだ精神的な弱さを
認め受け入れる社会
になってないんですよね。

 

そして

他人の弱さも認められないけど
それよりも何よりも
自分の弱さを認められない社会

 

それをこの漫画を読んでると
すごく感じるんです。

 


Shrink~精神科医ヨワイ~

 

この漫画に出てくる患者は

ほほえみ鬱だったり
パニック障害だったり
摂食障害に
アルコール依存症

などなどいろんな精神的な
病を抱えています。

 

そして

みんながそれぞれに
仕事だったり人間関係だったりで

落ち込んだり
悲しんだりしている。

 

漫画ではそんな苦しみもがく中で
いろんなきっかけがあって

精神科に辿り着いたり
サポートしてくれる人に出会うんだけど

 

実は世間の多くの人が

 

それを落ち込むのも悲しむのも
「ひとりで」なんですよね

 

誰にも言えないし
言える人もいないし

ただひたすらに「ひとりで」
悩んで苦しんでしまう。

 

そして

「ひとりで」死んでしまう

 

でも

国が変われば

「“こんなこと”で悩んでる
なんてみっともない」

って思ってた“こんなこと”で
当たり前のように誰かに相談したり
精神科を受診したりしている。

 

そう。

“こんなこと”で
泣いたり悩むのが人間なんです

 

時には心が疲れてしまう
ことだってあるし
涙が出ることもある。

そして

その涙が乾き笑顔が弾ける
時だって人生にはある。

 

空がいつも晴天ではないように

いろんな影響によって

雲が出たり
雨になったり
嵐や雪になったりする。

 

私もね、ものすごく弱い人間です。

だから昔から強い人になりたかった。

 

だけど

今私が思うのは

本当の強い人って
ちゃんと自分にある弱さを
知ってる人だと思う。

 

だからね

“こんなこと”で落ち込む
ことがあったっていい。

 

そして

“こんなこと”でいいから
必要な時は誰かを頼ってください。

 

 

【困った時の相談先】

・全国の保健所一覧(その他全国の「保健センター」)

保健所管轄区域案内

・全国の精神保健福祉センター一覧

全国精神保健福祉センター一覧│全国精神保健福祉センター長会

・全国のいのちの電話 一覧

https://www.inochinodenwa.org/lifeline.php

・こころの健康相談 統一ダイヤル

  TEL:0570-064-556

・夜間休日 精神科救急医療機関 案内窓口

ご案内

・みんなねっと(精神障がい者 家族の会)

みんなねっと | 公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会
みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会)公式サイト。精神障がい者とその家族に様々な情報を発信をしています。


※電話の場合には番号をご確認の上おかけください※

↑『Shrink~精神科医ヨワイ~』巻末ページを元に記載させていただきました
織田トマト

【夫:織田康嗣】
織田トマト栽培管理責任者
高知県高知市出身

農業を志したのは、幼い頃に見た父の姿がきっかけだった。

平日に会社員として働く父の笑った顔を見たことは無かったが、週末に田んぼで汗を流す父はとにかく笑っていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うように。そんな時、かつて父が楽しそうに田んぼをやっていた姿を思い出した。

2014年、新規就農を決意し高知県へUターン。
2017年、子ども時代に父と田んぼで汗を流した思い出の地、佐川町でトマト栽培を始める。

自分を大切にし愛することが人を大切にし愛することに繋がる。
だからこそ、食べた人が愛で満たされる、そんなトマトを届けるべく、「愛∞無限大!」を合言葉に夫婦二人三脚で日々励んでいる。

ドラマー、音響スタッフとしても高知県内を中心に活動中。

【妻:織田茜】
オンラインショップ、ブログ担当

大学時代に化粧品に魅了され、都内の化粧品メーカーに就職。
これまで10,000人以上の肌相談に対応。
また、美容知識や顧客対応の社内教育にも従事。

2014年、夫と共に高知県に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培。

農業に携わることでこれまで以上に食の力を知り、人は食べるもので作られていることを実感。

「美しさとは健やかであること」との考えから、心とからだを健やかに保つことを作物の力を通して届けたい!
と、トマトたちのお世話はもちろん、ブログ記事の執筆などを精力的に行っている。

織田トマトの日々