人から理解されないものこそあなたの才能だ

好きなもの

人から理解されないことって
時に辛くしんどい。

けれど

実はそれこそあなたの才能
かもしれない。

そして

その才能を見出す人との出会い
によって花開く時が来る。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

女性が選ぶ好きな歴史上の
人物ランキング。

その第1位に選ばれたのは
織田信長。

 

女性が選ぶ「好きな歴史上の人物」ランキングTOP23! 第1位は「織田信長」に決定!【2022年最新調査結果】(1/7) | ライフ ねとらぼ調査隊
ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、女性を対象に「好きな歴史上の人物はだれ?」というアンケ...

 

その織田信長をはじめ
豊臣秀吉、徳川家康といった
歴史上の錚々たる人物たちと
見事な関り合いをしながら

この時代を生き抜いた
ひとりの女性がいました。

 

その人物とは

小野於通(おのおつう)

 

その小野於通をモデルに
描かれた漫画がこちら。

 


『イシュタルの娘』(大和和紀著)

 

歴史好きな方はもちろん
自分の生き方について考える
女性にはぜひとも読んで
もらいたい作品です。

 

ところで

この漫画で描かれている於通には
人には見えないものが見える
という能力がありました。

 

後々その能力を存分に生かして
仕える人物のために活躍するんですが
幼い頃は誰にも理解されなくて。

 

そして

於通自身もそんな自分が
恐ろしくて悪いことを
してるようで辛かったんですね。

 

けれど

その能力を認めてくれる人に
出会うことで
やっとそんな自分を認めて
あげられるようになるんです。

 

でね

人に使命があるとしたら

その使命を全うするために
備えられたそれぞれのチカラ(才能)

というものがあると私は思っていて。

 

でも

その才能は特に幼いころは
身を助けるよりも

むしろ刃となって
自分に向かうことが多い

 

だから

それが自分に備わった能力とは
その時には気づくことができない。

 

それよりも
その能力により傷ついたり
コンプレックスを抱えたりする。

 

だけど

時が経てばそれこそ自分に
与えられた使命を全うする
ために必要な才能なんだと気づく。

 

そして

その気づきには必ずそれを
そうだと知らしめる人物との
出会いがある。

 

この漫画の中では

於通が最初に大きな影響を
受けた人物である織田信長の
こんなセリフがあります。

 

天の器に恵まれた者が
その志を捨てることなくば
必ずその望みは叶う

 

出典:イシュタルの娘ー小野於通伝ー 1巻より

 

 

ぜひあなたの才能を
この世で存分に生かし
あなただからこその人生を
とことん全うしてください。

 

 

高知からまごころこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
織田トマト栽培管理責任者
高知県高知市出身

農業を志したのは、幼い頃に見た父の姿がきっかけだった。

平日に会社員として働く父の笑った顔を見たことは無かったが、週末に田んぼで汗を流す父はとにかく笑っていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うように。そんな時、かつて父が楽しそうに田んぼをやっていた姿を思い出した。

2014年、新規就農を決意し高知県へUターン。
2017年、子ども時代に父と田んぼで汗を流した思い出の地、佐川町でトマト栽培を始める。

自分を大切にし愛することが人を大切にし愛することに繋がる。
だからこそ、食べた人が愛で満たされる、そんなトマトを届けるべく、「愛∞無限大!」を合言葉に夫婦二人三脚で日々励んでいる。

ドラマー、音響スタッフとしても高知県内を中心に活動中。

【妻:織田茜】
オンラインショップ、ブログ担当

大学時代に化粧品に魅了され、都内の化粧品メーカーに就職。
これまで10,000人以上の肌相談に対応。
また、美容知識や顧客対応の社内教育にも従事。

2014年、夫と共に高知県に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培。

農業に携わることでこれまで以上に食の力を知り、人は食べるもので作られていることを実感。

「美しさとは健やかであること」との考えから、心とからだを健やかに保つことを作物の力を通して届けたい!
と、トマトたちのお世話はもちろん、ブログ記事の執筆などを精力的に行っている。

好きなもの
愛∞無限大|織田トマト