継続は力なりが本当だと思った話

織田トマトの日々

継続は力なり

この時代に古めかしい
言葉に思えるかもしれないけれど

やっぱり積み上げたからこその
力は凄いって思う。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

いつもバシッと響く言葉に
多くのいいねやリツイートがある
あこ社長のツイート。

 

そのあこ社長が先日
こんなツイートをしていた。

 

 

そして

私の周りにも6年毎日ブログを
書き続けてる人がいる。

 

それは

徳島の女性を爪から
キレイにしている

TSUME☆KIRA(ツメキラ)』
の金子明日香さん。

 

 

そんな明日香ちゃんの元に
とあるお悩みでご予約された
お客さまがいた。

 

そのお悩みとは

深爪

 

深爪矯正をネット検索して
明日香ちゃんのブログに辿りつき

とにかく隅から隅まで
ブログを読みこんだお客さま。

 

ご予約日までの1ヶ月を
ブログに書いてある
お手入れをしたりしてたら
深爪が改善されていた!んだそう。

 

しかも

ブログを読み込んでるから
明日香ちゃんのことも
ちゃんと知った上でご来店された分
話がめっちゃ盛り上がる♡

 

深爪矯正楽しみすぎて予約だけで深爪が治ってしまいました(笑) | 徳島の女性をネイルで綺麗に輝かせるネイルサロン | ツメキラ
今日のお客様は ネットでいろいろみている時に 深爪矯正というキーワードを見つけ それで 深爪矯正は 徳島でもできるのかな❓🤔 と検索したところ 私のブログが出てきて 私のブログを隅から隅まで 読んで頂き(笑) 私の所へ行こう❗と決意して 今日ご来店くださいました🤗 6年間 毎日ブログ更新中 vol.2270 ギャルネイ...

 

 

そのブログを読んで

 

これってサイコーだね!

 

ってコメントしたら
明日香ちゃんはこう言っていた。

 

6年書いてやっとです

 

 

 

 

私のようなブログ初心者からすると
ついついこの結果だけに
フォーカスしてしまいがち。

 

だけど

みんなが目にしてる結果や
華やかさの裏には

毎日欠かさず地道に
6年間ブログを書き続けてきた

っていう事実があるんだよね。

 

↑しかもNJE理論ブログ
ただの日記ブログじゃないから
これで毎日書くって相当だよ!

 

継続は力なり

もちろん

始めて早々からうまくいく
とかってこともあるから
それが全てじゃないのかもしれない。

 

でも

やっぱり続けてきたからこそ
見える景色があるし
積み上げてきたからこその
揺るぎなさがあると思う。

 

それを私が実感したのは
やっぱり化粧品と農業かな。

 

会社は違えど化粧品業界に
長らく居続けてきたからこそ

メーカーやジャンルを超えて
化粧品やスキンケアの本質、
在り方を知ることができた。

 

 

そして

化粧品会社を退職し
高知に移住して農業を学び
農家になったけど

 

農家としてやっと
スタートラインに立った

と感じたのは

農家になって3年
農業研修時代を入れて
4年近く経った時だった。

 


農家になって3年が経過し4年目を迎えた頃

 

毎日のことって
地味で変化もそう無いように
思えてしまう。

 

けれど

1日1センチずつ石を
積み上げたなら

1年後には3m65㎝の
高さになってるんだよね。

 

バスケットゴールの高さが
3m5㎝だからそれよりも
ずっと高くなってる。

 

 

 

これを

2年、3年、4年・・・
って続けていったら
相当な高層ビルになってるよ。

 

でも

それを1日で建てようと思っても
できないよね。

 

だから

1日の小さな力を侮らない

 

小さな力も続ければ
誰も真似できない
強力な力になるんだから。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました