人生の違いは○○の違い

織田トマトの日々

人生に起こること。

それはその時には喜べない
こともあったりする。

でも

そういう時ほど実は
気づけることがいっぱいある。

そして

人生はその出来事に向ける
○○の積み重ねだったりする。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

人は慣れる生き物。

それを実感したのがこの記事。

 

もはや慣れ過ぎてサボりがち…。「セルフマネジメント」などのスキルを身につけ、テレワークをレベルアップしよう【書評】(ダ・ヴィンチニュース) - Yahoo!ニュース
 コロナ禍で浸透したテレワーク。自粛生活を求められた当初は、通勤電車に乗らないため移動する手間もなく、自由なペースで働けると期待されていた。しかし、今となってはどうか。人間とは刺激に慣れるもので、周

 

コロナ禍になって
テレワークが広がり
働く人も雇用する側にとっても
それが特別なことではなくなっている。

 

そして

私自身もその「慣れ」を
最近、実感している。

 

それは

四十肩(五十肩)。

 

肩や腕の痛みや手先の痺れ
震えにはまだ悩まされながらも

発生した当初に比べると
すっかりデフォルト仕様に
なってしまったような(笑)

 

しかも

割と重症の部類らしく
治るまで結構長い付き合いに
なりそうだから(^^;)

 

それなら患部への負担と
その間の生活の支障を
如何に最小限に抑えるか

ってことについていろいろと
工夫するようになってきてる。

 

まあ

要は落ち込んでも不安がっても
試行錯誤して楽しんでも
結局は同じ時間だから

それならできるだけ
楽しく過ごせるように
心をくばろうって
思うようになったんです。

 

それに

ブログのネタにもなるし(笑)

 

でね

やっぱり悪いことだけじゃ
ないなーって思うんですよね

 

っていうのも

今日の痛みが前日に比べて
和らいでると
なんかすごく嬉しくなって

最近はあんまりできてない
料理をじっくりやってみたくなったり。

 


遅ればせながら購入したニトリのスキレット(ニトスキ)で作った織田トマトのチキンライスドリア

 

リハビリを毎日やってるから
からだの変化にこれまでよりも
気づけるようになったし

からだと頻繁に会話し
丁寧に触れる頻度が上がったことで
自分のことがもっと愛おしくなってる。

 

結局ね

その出来事に対して
どう意識を向けるのか

 

人の人生ってただそれだけの違い
のような気がしてる。

 

そして

自分の意思で歩けて動けて
生活の中に個人の自由による
選択肢があること。

 

もうね

その当たり前だと思えていたことが
当たり前にできること。

 

そこに喜びを感じる。

 

きっとこういうこと
私はちょっと忘れてしまって
たんだろうね。

 

だから、時々

不自由さだったり痛みだったり

私が生きる上で大切なことに
気づけるような機会を
私がちゃんと分かるように
与えてくれる。

 

私って人生から愛されてる💛

 

 

 

そして

それはこの世に生きる人々
みんなそうなんですよ。

 

それに気づけるか
どうそれを受け止めるか

ただそれだけの違い。

 

あなたにやってきたその機会。

それはどんなことですか?

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました