自分を愛する人生を生きる

夫婦のこと

ひとりで生きてる時は
子どもを産みたいとは思わなかった。

だけど

愛する人ができた時
これまでの考えが変わった。

今日は、子どもがいない
私たち夫婦のお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

突然ですが占ってもいいですか?』。

 

https://twitter.com/fujitvplus/status/1501555456107429892?s=20&t=MrsIh7D2Q9HX1KEPxwI1eQ

 

この番組に伊達公子さん
陣内貴美子さん、益子直美さんが
出演されてたんだけど

この3人はアスリート
っていう他にある共通点がある。

 

それは

子どもがいないこと

 

もちろん

子どもがいない理由は
それぞれにあるんだけど

その理由を尋ねられた
占い師の方が言った言葉が
すごく心に響いた。

 

それは

自分をとにかく愛する人生
なんだということ

 

この言葉を聞いた時の
陣内さんの目に光るものが見えて
私もジーンときてしまったよね。

 

そして

私自身もこれまでの私の人生を
ギュッと抱きしめたくなる
そんな瞬間でした。

 

そもそも私は独身時代から
婦人科で「妊娠しにくい」
と言われていて。

 

まあ

結婚する気も無かったし
子どもを産むつもりもなかった
からそこまでショックはなかった。

 

でも

夫と出逢って
夫が子どもが大好きで
子どもを授かることを
望んでいることを知って

そこからいろんな想いや葛藤が
生まれるようになった。

 

夫からプロポーズされた時は

 

正直、この私が本当に
結婚してもいいのか

 

私と結婚することで
夫は子どもを授かるチャンスを
逃してしまうんじゃないか

 

そう何度も悩んだ。

 

だけど

 

子どもができてもできなくても
2人で楽しく過ごせれば

それはどっちでもいい

 

それよりもあなたと共に
暮らしていきたい

 

って夫が言ってくれて
私たちは結婚しました。

 

結局、今でも2人のままだけど
それでも2人だけのこの生活は
想像以上に楽しくて満たされている。

 

 

 

そして今思うことは

もっともっとこれまで以上に
私自身を、私のこの人生を愛そう

ってこと。

 

それに

独身だろうと結婚してようと
子どもがいてもいなくても

今の自分の人生をとにかく愛する

 

だってたった一度の人生だもん。

 

どうあっても自分だけは
自分の人生を愛してあげたい。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました