自分だけは自分の人生を諦めない

織田トマトの日々

あなたの人生に対して
誰が何を言おうが
どう思おうが関係ないけど

あなたが諦めることだけは
しないでほしい。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

以前見た対談記事で
柔道の大野将平選手の言葉が
とても印象に残っている。

 

それは

ご自身やオリンピック出場者を
指して言った

諦めの悪かったわれわれ

という言葉。

 

小平奈緒×大野将平【対談】“自分は何者か”共鳴した思い【NHK】北京オリンピック・パラリンピック2022
北京オリンピックで日本スピードスケート界初の連覇が期待される小平奈緒選手と東京オリンピックの柔道で2連覇を達成した大野将平選手の対談が実現。競技への向き合い方、オリンピックへの思いなどを率直に話し合いました。

 

諦めずに世界の舞台で
結果を出すって本当に凄い。

 

だけど

そう感じるのは

人生の中で夢を諦めた
経験がある人が多いから

なんだよね。

 

それに時に

諦めの良さが大事だって
言われたりもする。

 

それは

場合によってはそうだし
場合によっては違う。

 

でも

だいたいその言葉って

人はこう生きるもの

みたいな多くの人が良しと
思う人生ってのがあって

そこからはみ出さないために
必要とされてたりするんだよね。

 

それは例えば

大学を卒業したら
就職をするとか

○○歳くらいになったら
結婚するとか。

 

でも

もしあと少しで人類が
滅亡するって言われたら?

 

あなたはそれでもやっぱり
誰かの言葉に従って
自分の本心を諦めて生きますか?

 

先日観た舞台
『さすらいのキャリー』。

 

 

この舞台では
人類滅亡の予言から起きた
それぞれの人間模様を
描いてたんだけど

こんなことでも起きない限り
多くの人は自分の本心を無視し続けるし
自分を諦めて生きる。

 

舞台の中でも主人公に向けて
発せられるセリフにこんな言葉が
よく出ていた。

 

それは

 

もっと粘らんね

お前は諦めるのが早かよ

※長崎の方言

 

自分がやりたいことが分からず
かと言って自分に自信も無い。

 

そんな主人公はついなんでも
早く諦めるクセがついている。

 

だけど

あなたが諦めたら
本当にその可能性は
終わりなんだよね

 

でも

あなたが諦めずにいれば
その可能性は絶対に消えない。

 

 

もしも

あなたが可能性が無い
と感じるなら

多分それはあなたの本心
じゃないことを
そうだと思い込んでるから。

 

あなたの本心ど真ん中を
見つけて繋がった時

人生を諦めるなんてことは
むしろきっとできないよ。

 

実は

この『さすらいのキャリー』
という舞台もコロナによって
何度も何度も延期になって
やっと開演できたそうです。

 

それも

きっと関わったみなさんが
誰一人として開演を
諦めなかったからなんだよね。

 

だからね

あなたの人生に対してだけは
諦めの悪い人でいてください。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました