親の口ぐせが子どもを形成する

織田トマトの日々

あなたはご両親からどんな
言葉をかけられて育ちましたか?

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

先日、友人とzoomで話をしていた時
こんなことを言われました。

 

織田さんは基本的に楽観的な人ですか?

 

どちらかと言うと私は楽観的な
タイプだと思います。

 

そして

楽観的だと思って生きてきました。

 

と言うのも

私は幼い頃
母からずっとこんな風に
言われてきたからです。

 

それは

 

あなたの名前の文字を入れ替えると
根明(ネアカ)になる。

 

だから

 

あなたは落ち込んだりすることが
あっても基本的には根が明るいし
楽観的に生きる人生を送るよ

 

そして

ずっとそう言われて育ったから

自分のことを私自身もそう思って
生きてきたんですよね(笑)

 

 

 

まあ確かに

名は体を言い表すって言うし
きっと名前を付けられた時から
その名前に見合った自分に
なっていくのかもしれません。

 

って

ただの思い込みと言えば
そうなんだけど(^^;

 

でも

昔から悩んだり落ち込んだりすると

私は「根明だから大丈夫」

って思えて気が楽になったんですよね。

 

そんな私が母からもうひとつ
名前で口ぐせのように
言われていたことがあって

 

それは

 

あなたの名前の中にはお金
(アカネの「カネ」)がある

 

だから

人生でお金には困らない

 

だからなのか

不思議となんだかんだ人生で
いろんな局面があっても

先のことに不安を感じすぎず
自分の人生や未来を信じて
やってこれたのかなぁって思います。

 

諺でも

三つ子の魂百まで

 

って言いますしね。

 

小さな頃に身についた思考は
大きくなってもそう変わらないわけで。

 

いつだって根明で楽観的に
生きられる私を形成してくれた
母の口ぐせに今となっては
とっても感謝しています。

 

 

でもね

口ぐせって小さい頃の専売特許
ではなくて
大人になってからでもめちゃくちゃ
効果的なんですよ。

 

自分の言葉を一番側で聞いているのは
その言葉を発している自分ですから

 

ぜひ

あなたもあなたが望む自分に合った
口ぐせをどんどん呟いて
望む人生にとことんフォーカス
していってくださいね。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
織田トマト栽培管理責任者
高知県高知市出身

農業を志したのは、幼い頃に見た父の姿がきっかけだった。

平日に会社員として働く父の笑った顔を見たことは無かったが、週末に田んぼで汗を流す父はとにかく笑っていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うように。そんな時、かつて父が楽しそうに田んぼをやっていた姿を思い出した。

2014年、新規就農を決意し高知県へUターン。
2017年、子ども時代に父と田んぼで汗を流した思い出の地、佐川町でトマト栽培を始める。

自分を大切にし愛することが人を大切にし愛することに繋がる。
だからこそ、食べた人が愛で満たされる、そんなトマトを届けるべく、「愛∞無限大!」を合言葉に夫婦二人三脚で日々励んでいる。

ドラマー、音響スタッフとしても高知県内を中心に活動中。

【妻:織田茜】
オンラインショップ、ブログ担当

大学時代に化粧品に魅了され、都内の化粧品メーカーに就職。
これまで10,000人以上の肌相談に対応。
また、美容知識や顧客対応の社内教育にも従事。

2014年、夫と共に高知県に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培。

農業に携わることでこれまで以上に食の力を知り、人は食べるもので作られていることを実感。

「美しさとは健やかであること」との考えから、心とからだを健やかに保つことを作物の力を通して届けたい!
と、トマトたちのお世話はもちろん、ブログ記事の執筆などを精力的に行っている。

織田トマトの日々