それをやる理由を自分の外側に置かない

織田トマトの日々

なんであなたはそれを
やっているの?

その問いにあなたの本心は
なんと言ってますか?

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

歌も素晴らしいけれど
話す言葉も素晴らしい小説を
読んでいる気になる。

 

そう感じたのが音楽家である
米津玄師さんのこの記事。

 

「自由ってそんなにいいもんじゃない」――30代を迎えた米津玄師の変化(Yahoo!ニュース オリジナル 特集)
米津玄師として歌い始めて今年で10年。「Lemon」「パプリカ」など、大人から子どもまで幅広い世代に歌われる曲を世に送り出してきた。20代は大衆音楽家として生きていくため、目の前の大きな壁に向き合う

 

その中で今の私に響くことが
いっぱいあったんですが

そのうちのひとつがこれ。

 

音楽を作る理由を、
評価だったり自分の外に深く置いてしまうと、
長く続いていかないなという感触があります。

 

夫がトマトを栽培する理由は
とりあえず横に置いておいて

私がトマトを栽培する理由は
挙げればいろいろあるけれど

 

究極なことを言えば

 

夫と一緒にいるのが好きだから

 

なんですよね。

 

トマトを栽培する過程で
作業中や家でいろんな話をしたり
ふたりでトマトに囲まれながら
笑ったり夢中になってみたり。

 

そういう時間がすごく好きなんです。

 

 

そう。

 

私は誰かのためにやっている
っていうよりも
夫と一緒にトマトをやってる時が
幸せだからやってるだけ(^^;

 

そもそも夫がやりたくて始めた
トマト栽培。

 

一方、妻の私は

物心ついた時から生トマトが
食べられず
夫と出逢うまで農業なんて
全く関心がなかった。

 

だから

夫がトマトをやめるって言ったら
私は何の未練もなくやめると思う。

 

どこまでいっても私の幸せが
私がトマトをやってる理由なんです

 

 

めっちゃ自己中心的だけどね。

 

それでいいんじゃないかなぁ
って思ってる。

 

そして

私たちにとってトマトは
仕事と言えばそうなんだけど
それだけじゃなくて。

 

むしろ

仕事っていうよりも

夫婦で一緒にいる時間が
トマトの時間

って感じなんですよね。

 

だから

夫のことが素敵だなぁって
思う瞬間や

 

この人、本当に面白いなぁ

 

って思う瞬間がトマトをやってる
中にいっぱい詰まっていて。

 

 

夫のことを思い出すと自然と
トマトのことも頭に浮かんじゃう

って感じかな。

 

って

今日のブログは
ただの惚気ですみません(笑)

 

でもね

 

私自身の幸せのためにやってる
トマトたちが
きっと誰かを幸せにする

 

っていうことは本気で思ってる。

 

 

だって

自分が幸せじゃないのに
誰かを幸せになんてできないもんね。

 

だから

それをやる理由はいつだって
他人の側に置くのではなく
自分の側に置いておく。

 

さて

あなたがそれをやる理由。

それは一体何ですか?

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました