親友はいなくても大丈夫

織田トマトの日々

「親しい友人が欲しい」

友人に関する悩みは
子どもだけじゃなく
大人でも悩んでる方が多い。

だけど

そもそも親しい友人は
そんなに必要ないかも。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

高知に移住して間もない頃
移住者同士で大いに盛り上がった
話題のひとつが

友達がいない

だった。

 

当時は私だけかと思ってたけど
案外出会う移住者の多くが

「友達がいない」
って口にしてたなぁ。

 

あれから何年も経つけれど
大して状況が変わることはなく
私は今でも高知には友達はほぼいない。

 

それに

友達どころか普段から
ほぼ人と会う機会がない私。

 

農家になってから初年度こそ
人を雇用していたけれど

2年目からは夫婦ふたりっきりで
トマトを栽培しているから
日常で会う人がそもそも
夫くらいなんですよね(笑)

 

 

だけど

孤独かって言うと全くそんな
悲哀はなくて。

 

むしろ

この軽やかさがちょうどいい。

 

私は基本的にひとりで決めて
気持ちが熱いうちに
行動するのが好きだし

日頃は自らがやりたいことに
とことん熱中したい。

 

それができる状況が
とっても心地がいいんです。

 

 

でも

それは人が嫌いってことじゃ
ないんですよね。

 

いろんな人と出逢うことは
とても好きだし
人と話すことも大好き。

 

だけど

ベッタリ近づく必要もないし
しょっちゅう会う必要もない

 

それについてはあの福沢諭吉も
親友と呼べる人はいなかったそうです。

 

あの福沢諭吉にも「親友」はいなかった…齋藤孝が「親しい友人がいなくても心配はない」と断言するワケ 「親友」は必要ないが、「新友」は持ったほうがいい
友人関係はどう構築するのがいいのか。明治大学教授の齋藤孝さんは「無理に親友を作る必要はない。福沢諭吉も『自分には莫逆の友はいなかった』と書き残している。大事なことは、特定の人と親しいことよりも、多くの人と緩やかにつながっていることだろう」という――。

 

でも

福沢諭吉だって親友と呼べる人は
いなかったにしても

 

いろんな人々と交わり
そこでさまざまなことを学び
ともに力を合わせて何かを成し遂げる

 

ということは積極的に
していたそうです。

 

そして

その中で気が合う人がいれば
ラッキーって感じかな。

 

 

それに

そんな気が合う方とだって
何も毎日合わなくったって
縁が切れるわけでなし。

 

もしもそれくらいで切れる縁なら
それだけのことなんです。

 

そして

たまに会ってたわいもない話をして
大いに笑ったら軽やかに

「またね」

って別れてそれぞれの日常に
戻っていく。

 

そんな緩やかにつながる関係性
が大人の私たちには心地いい
関係なんじゃないかって思っています。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました