時代は愛と調和へ向かっている

好きなもの

音楽は平和の象徴

まさにそれを感じた演奏会でした。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

今最もチケットが取れない落語家

と言えばやっぱり
立川志の輔さんだと
私は思うんですが

 

お前が○○だ!と言われる世界観を創る
世界観って他人と同じじゃないから 人を魅了できるんですよね。 自分の人生をとことん楽しむ 大人で溢れる...

 

今最もチケットが取れないピアニスト

と言えばあの方。

 

反田恭平さん

 

ショパン国際ピアノコンクールで
日本では半世紀ぶりの最高位2位
を受賞してから

そのチケットの取れにくさは
一層輪がかかっています。

 

その反田恭平さんが高知に
やってくる!!

と聞けば居ても立っても居られない。

 

ということで

志の輔さんに続き
再び高知県民文化ホールへ
行ってきました。

 

 

しかも

今回は指揮者の佐渡裕さんと
佐渡さんが次期音楽監督を務められる
新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会。

 

全国各地でも完売御礼の嵐ですが
高知でもチケットは抽選、
その倍率は3倍にもなったそうです。

 

今の時代、クラシックで地方のホールを
満員にするって相当なことなんですよね。

 

 

 

ところで

反田さんの演奏を実際に目にして
私自身が強く印象に残ったことがあります。

 

それは

反田さんの楽団と積極的に
溶け合おうとする姿勢

です。

 

演奏中もとにかく積極的に
アイコンタクトを取られていて

自ら楽団と融合する意識を
持っているのが観ている側にも
十分伝わってきました。

 

 

現在27歳の反田さんの融合の意識
に溢れる演奏を観ていて
時代はどんどん移り変わっているんだ

ということを私は実感したんですね。

 

ではどんな時代に移り変わって
いるのかというと

 

それは

愛と調和の時代

 

そして

反田さんの演奏を聴いて何故
そう感じたのかと言うと

反田さん自身が一ピアニストという
ポジションを超えた未来を見ているから

だと思うんです。

 

実際に件のショパンコンクールでは
審査員からこう言われたそうです。

 

「君はピアニストではない。
音楽家、芸術家だ」

 

その視点に常にいるからこそ
一ピアニストとしてではなく
ひとりの音楽家であり芸術家としての
立ち位置で表現しようとしている。

 

 

私たちが未来を想像する時
自分という一個人の未来を見据える
こともとても大事だと思うんですが

 

それと併せて

どんな世界になったらいいなぁって
私は思ってるんだろう?

 

そんなことを想像し

その未来を創造するために
自分がどう在ればいいのか

 

その視点がこれからの時代は
とても必要なんじゃないか

そんなことを感じました。

 

もちろん

それは佐渡さんも同じ気持ち
なんですよね。

 

だからこそ

今回の演奏会では音楽家であり芸術家
としてのおふたりからの
メッセージとして

ウクライナ緊急事態への支援金を
呼びかけられていました。

 

ウクライナ緊急事態から100日:避難を強いられる家族に人道支援が急務|国連UNHCR協会
ウクライナ緊急事態:避難民に人道支援が急務です。国連UNHCR協会はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の募金・寄付の公式支援窓口です。ご寄付は税控除の対象となります。

 

音楽は平和の象徴であり
垣根や壁を音楽が持つ力で
瞬時に取り払い

世界はひとつなんだと
私たちに感じさせてくれます。

 

その世界のために私が今できること
どう在ればいいのかを
今回の演奏会で見せてもらった

そんな気がしています。

 

これからも平和の象徴としての
音楽が溢れ、愛と調和に満ちた
世の中であることを願って。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
高知県立高知東高等学校卒 

2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導にも従事

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

好きなもの
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました