ネガティブは望むものを教えてくれるサイン

織田トマトの日々

人から言われた時に感じる
嫌な気持ちは
あなたにあることを知らせる
ためのサインなんです。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

人からネガティブなことを言われたり
嫌な出来事が起きたりすると

気持ちが落ちてしまうこと、
ありますよね。

 

でもね

実はそれってめちゃくちゃ
チャンスなんです!

 

ところで

先日、夫が県の農業関係者や
農協職員の方々からいろんなことを
言われたようで・・・

 

それも結構なネガティブな内容
だったらしく

帰宅した夫はだいぶ凹んで
おりました。

 

 

以前から私たちがやっていきたい
と考えている農業と

県の農業関係者や農協職員の方々
が勧める農業とでは
かなりの隔たりがあります。

 

ただ

県や農協が推奨している
農業のやり方がどうこうって
話じゃないんですよね。

 

だって

これが私たちとは真逆で
県や農協が推奨している
農業に惹かれたり
やりたい人もいるわけで。

 

ただ

なかなか相容れない場合は
両者にとってしんどいですよね(^^;

 

特に夫にとっては

 

購入者の声なんて聞いて嬉しい?

 

っていう言葉がかなりの
極めつけだったようで。

 

 

 

やすし
やすし

やっぱり考えが全く違うんだなぁ

 

なんて言っておりました。

 

でね

冒頭に戻りますが

人からネガティブなことを言われたり
そういった出来事に出会うことが
何故チャンスなのか?

 

それは

自分が望むことが際立ち
それによって本心に気づけるから

なんです!

 

というのも、極端に言うと

夫にとって今回言われて
嫌だったことの反対にあること

が自分が望むことなんですよね。

 

 

だから例えば

夫は召し上がってくれる方の
声を聴けることがめちゃくちゃ
嬉しいわけで。

 

それが励みになったり
元気が湧く源になる。

 

そして

ご購入くださる方のお声が
聴ける関係性だったり
そんな農業の在り方がとても好きで

そういう農業をやっていきたい
と望んでるんですよね。

 

自分の身に起きる出来事が
ネガティブであればあるほど
自分が望むこととのコントラスト
がはっきりしてくる。

 

でも

だからって連日そんなんばっかりじゃ
身も心も持ちませんよね💦

 

じゃあどうしたらいいのか
って言うと

 

それは

自分が望んでいることに気づき
それを選択すると決める

 

それだけ。

 

夫に何度も県や農協の方々が
ネガティブな内容を言ってくる理由は

夫がまだ本心を明確に
掴み切れてなかったり

「そうする」って決めてないから
ってだけなんですよね。

 

だから

先日凹んで帰宅した夫に
妻の私がかけた言葉は

 

 

あかね
あかね

あなたがやりたいことを
何とか気づかせようとする
天の計らいだね💛

 

 

そして

 

あなたが本心で望んでることを
やるって決めたら
面白いくらいにネガティブなことは
言われなくなるよ

 

って伝えました。

 

だからね

もし何か言われたり起きた出来事
に対して嫌な気持ちになったら

 

あなたが望んでいることって
こういうことだよ

 

って気づかせてくれる時。

 

そうやってどんどん本心に気づき
望む人生を選択し歩んでくださいね。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました