一見マイナスに思えることが最高の魅力になる

織田トマトの日々

自分好みじゃないかも・・・

って思った部分こそが
意外にも虜になるきっかけ
になったりする。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

ここ最近暑い日が続いてますが
昨日はホント暑い一日でしたよね。

 

フェーン現象で体温並みの37.1℃ 東京も今年一番の暑さに
今日は西日本、東日本の広い範囲で30℃を超え、東京や大阪は今年一番の暑さになりました。特にフェーン現象が加わった北陸や四国の瀬戸内側は体温並みの猛暑です。

 

こんな夏の暑い時はからだのためにも
11時過ぎには自宅に戻り

太陽の光が少し落ち着いた15時過ぎに
またトマトハウスに出勤する二部制
をとっております。

 

だから

この時期はお昼ご飯は我が家で
作って食べるんですが
食卓に何度も登場するのがおそうめん。

 

特に私は高知のお隣・香川県の
郷土料理と言われる「なすそうめん」
が大好きでして。

 

夏の暑さで食欲が減退するのを防ぐ
程よい辛さが元気をくれるんです。

 

そんななすそうめん好きの私が
昨日は新たな美味しさに出逢い
めちゃくちゃ感激してしまいました。

 

それは

「半田そうめん」で作るなすそうめん

 

 

というのも

先日、NJE理論で毎日ブログを
書いている仲間

徳島のパッケージ屋さん
パッケージ松浦さんから
半田そうめんをいただいたんです。

 

奇跡、奇跡、奇跡の麺 半田そうめん 八千代 パッケージで謳う
パッケージを売らないパッケージ屋 パッケージ松浦。顧客の心に響くマーケティング。パッケージによって売れる仕組みをつくります!

 

しかも

徳島の半田そうめんの中でも
異彩を放つ奇跡の麺と言われる
半田手延べ麵 八千代」さんのもの。

 

 


小麦粉と塩と油は全て国産!

 

 

松浦さんのブログでこれまで
何度も目にして
とっても気になっていました。

 

ただ

実物を見ると思った以上に
一本一本が太い!!

 

 

細いおそうめんが今まで当たり前の私。

 

それに

だいたいおそうめんは
細ければ細いほど高級になる。

 

しかも

今まで手にした太めのおそうめんが
ことごとくハズレだったから

ちょっと気になりながらも
作ってみると

 

 

めちゃくちゃ美味しい!!

 

 

一本一本がしっかりした歯ごたえで
ものすごく食べ応えがあるし
もちもちの触感がクセになる

 

 

 

これまで

細い=美味しいおそうめん
だった私の当たり前は
昨日で崩れました。

 

こういうことって

実は織田トマトのお客さまでも
あったりします。

 

というのも

トマトもいろいろあるけれど
最近は皮が薄く柔らかい
トマトがとっても人気です。

 

だから

皮が厚くしっかりしてると
敬遠されがちなんですね。

 

 

私の友人でも皮が硬いトマトは
苦手という方が結構います。

 

それを知ってると私も我が家の
トマトをお勧めすることはありません。

 

だけど

何を思ってかその友人が
我が家のトマトを
購入してくれたことがありました。

それから毎年リピートしてくださっています。

 

詳しく聞くと

 

普段は皮が柔らかいものを
選んで買うんだけど
SNSで見たトマトの美しさに
惹かれて買ったんだよね。

 

そしたら

 

織田トマトはむしろ皮の硬さが
歯ごたえの良さに繋がったり
皮に旨味があって楽しめる

 

 

と話していたんです。

 

半田そうめんもその太さこそが
他とは違った魅力で
美味しさの要ですが

織田トマトのフルーツトマトも
皮の硬さこそが他とは違う
醍醐味だったりするんです。

 

 

また来年もそんなトマトたちを
お届けしていきますね。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
高知県立高知東高等学校卒 

2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導にも従事

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました