傷つくのは自分が自分に対してそう思っているから

織田トマトの日々

自分の好きなところと嫌いなところ

あなたが多く目につくのは
どちらですか?

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

人から言われた言葉で傷ついて
しまうことってありますよね。

 

相手が私を傷つけようと思って
言ったのか

それとも

そんなことは思わずただ
口にしただけなのか

 

どっちなのかは相手の心の奥まで
見えないから真偽はよく分からないけれど

 

ただ確実に言えるのは

私自身がそれを自分に対して
思っているから傷ついたんだ

ってことなんですよね。

 

 

そう考えると

人って案外自分に対して
手厳しいことを常々してるんだなぁ

って思うんですよね。

 

これがもし友達だったりしたら

「そんなことないよ」

とか

「大丈夫だよ」

って私は言ってると思うんですよ。

 

実際

「そんなに自分のこと責めなくても
いいのになぁ」

って心の中で自分を責める友人を目にして
思ったりすることがありますから。

 

だけど

自分のことになるとその寛容な
気持ちが無くなってしまうというか

 

「なんでこんなこともできないの?」

とか

「ああ、もうがっかり」

とか思ってしまうわけですよ(^^;

 

でもね

本来、私が一番優しい言葉を
かける相手は私なんですよね。

 

 

もちろん

厳しい言葉が奮起剤になるなら
それを自分に対してやっていいと思う。

 

でもね

案外人はそこまで強くない。

 

それに

厳しい言葉が慢性化して
気づけばずっと自分を傷つけること
「だけ」しかしてない

 

そうなるとそれはめちゃくちゃ
しんどいですよね。

 

そして

私たち40代はもうずっと
自分に厳しくしつづけてきた
人が多いんじゃないかな。

 

だから

もうそろそろ厳しいことからは
卒業したっていい頃だなぁ

って私は思うんです。

 

でも一気にこれまでの自分を
変えるなんて難しいから

私はまずはとにかく自分が
自分に罪悪感を感じることはしない

っていうことを決めました。

 

 

例えば

自分が何かでポカをやってしまった時
改善策や対策は考えるけれど

自分が悲しくなったり
責めるようなことはやらない

って決めたんです。

 

だって

自分が自分を責めて落ち込んでも
何も良いこと無いし

むしろ

自分を嫌いになるだけで
自分にとって嬉しいことが無い

って分かったから。

 

でも

そうやるようになって
気持ちの切り替えも早くなったし

自分が案外そこまでダメな奴
でもないよなぁ
って思えるようになった。

 

そう

ただただ自分がこれまでの自分を
嫌いだったり認められなかった
だけなんですよね。

 

そう気づいたら

もう修行のような時間を
この歳になってまで過ごすのは
止めようって思えました(笑)

 

人生100年時代なら
残りの時間はもっと自分を
楽しんでいきたい

 

 

これまで自分に厳しくしてた時には
見えてなかった素敵で魅力的な自分を
これからはもっと見つけていきませんか。

 

それがひとつふたつと見つかる度に
自分が好きになって
そんなあなたを好きになる人が
ひとりふたりと増えているはずです。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました