夫婦2人の自営業でも定例会は大事。週に1度の織田トマトミーティング

織田トマトの日常
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

昨シーズンが終わる時にたっぷり冷凍した我が家のトマトたち。

いろんなトマト料理を作って楽しんでいましたが、ついに先日、すべてを使い切りました。

今シーズンの収穫が始まる12月頃まで、我が家でも織田トマトロスな状態が続きます(´;ω;`)ウゥゥ

 

私たちはトマトハウスでも家でも、わりといろんな話をします。

夫婦ふたりでやっているトマト農家なので、基本、家でもトマトハウスでも一緒です。
だから、仕事が終わって家でもよくトマトの話をしています。

ですが、会社の会議のように、なにか目的をもって話をしているわけではなく、何気なく話しているため、結果的にそこに行動が伴わないことがあることに最近気が付きました。

そこで、最近、週に1度日程を決めて、『織田トマトミーティング』なるものをすることにしました。

ミーティングにはつまめるお菓子が必須です

やってみると、これがすごくいいんです!

単なる夫婦の会話だと話が流れてしまってることが多いんですが、ミーティングをすることで提案と行動がセットになって、話して終わりじゃなく、ちゃんと実践することができるようになりました。

実は、以前は、やりたいと思っていたのに、いつの間にか時間が経ってしまい、結局なにもやらなかった、なんてことも多かったんです💦

また、ミーティングとして時間を設けることで、その時のテーマや議題について夫婦でしっかり考え、意見交換することができ、ふたりで納得しながらすすめていくことができるようになりました。

会社員時代はこういったミーティングをすることは当たり前でしたが、仕事のパートナーの前に夫婦である私たちは、つい夫婦関係をベースに仕事をしていたんだなぁということに、今更ながら気が付きました。

トマト農家になって4年目。
まだまだ気づきや改善が盛りだくさんな毎日。

私たちも少しずつ成長しています(^^)

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました