南米が原産地のトマト。実は日本の暑い夏が苦手な作物です

織田トマトの日々

今日は全国各地、
30℃を超えるような暑さでしたね!

織田トマトハウスでもあまりの暑さに
今年初めての遮光カーテンの機能を使用しました。

これだけで、37℃あったハウス内が
33℃まで気温が下がりました。


「33.3℃」!思いがけないエンジェルナンバーに思わず写真を撮りました(笑)

※画面の赤い折れ線グラフが
ハウス内の気温を指しています

ビックリ!!

 

でも、私たちはトマトがすくすく育つには

とにかくお日さまの光が大事!!

だと思っているので、ほとんど使いません。

 

今日は私たち夫婦の
熱中症予防ということから
致し方なく使いましたが、

こんな暑い時間帯は
農作業を避ける

という方法もこれからの季節は
考えていくことが大事だなぁ
と思っています。

 

高知県にあるお酒と歴史の町・佐川町で
【愛、無限大】をテーマに

大空と大地のエネルギーを
トマトを通してあなたに繋ぎ
輝く人生を応援する

「運気が上がるトマト」
織田トマトの織田茜です!

 

ところで、トマトって
南米が原産だから

とにかく暑い場所がいい!

と思われがちですが、
実はそうではないんです。

 

南米は南米でも育ったのは
アンデスの高山地帯。

この地域の特徴は
日中は最高でも25℃
くらいの気温なんです。

一方、夜間はというと
10℃くらい。

 

そう、

日本の夏よりも
実は涼しいんですよね。

 

そして、日中と夜間の気温差が
しっかりあります。

トマトは日中は
お日さまの光を浴びて
光合成により糖分を作ります。

夜間は光合成ができなくて
呼吸のみになるため
糖分を消費します。

けれど、
夜間の気温が低く
寒暖差がしっかりあれば

夜間の糖分の消費が
抑えられて

糖分をしっかり蓄える
ことができ

結果的においしい
トマトに育つんです。

むしろ、気温が30℃を
超えると

花粉や花の形成に
異常が起きてしまいます。

それに味わいだって
味が単一になりやすく

ぼやけた味わいに
なってしまうんですよね。

 

だから、
日本の猛暑と呼ばれる
夏の暑さは私たちだけじゃなく

トマトたちにとっても
かなりしんどいものなんです。

 

それでも
やっぱり長雨が続いて
お日さまが見えない時からすると

光を浴びられるって
すごくエネルギーを
分けてもらってる気がします。

私たち夫婦も
しっかり熱中症対策をしつつ

もうしばらく
今シーズンのトマトたち
のお世話を続けていきます。

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました