我慢強い人こそちゃんとケアしよう

織田トマトの日々

人にも性格があるように
野菜にも気質がある。

私はトマト農家だけど
気質はトマトよりも
ニラに近いらしい。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

四十肩(五十肩)を発症して以来
1週間に1度リハビリに
通う生活が続いています。

 

今週のリハビリでは
担当の理学療法士さんから
こう言われました。

 

最早、肩だけの話
じゃないかもしれない

 

ということで

この日は肩はもちろん
肩以外の部分のほぐしを
じっくりやってもらったんだけど

 

とにかく全身激痛!!

 

顏ではすましてますが
ちょっとでも気を抜いたら
涙が出そうなくらい。

 

でもね

不思議なことに

普段はその部分に痛みを
感じることって全くないんですよ

 

だから

その部分がよくない状態
ってことに気づけてなかった
んですよね。

 

でね

家でも自ら地道にほぐすわけ
なんですが

ありがたいことに
寝る前には専属のほぐし人が
全身をケアしてくれています。

 

専属のほぐし人とは
もちろん夫のこと♡

 

夫にじっくり全身をほぐして
もらっている間に
今日のリハビリでのことを
話してたんだけど

それを聞いた夫が
こう言ったんです。

 

 

やすし
やすし

それってなんかニラみたいだね

 

 

え?ニラ??

 

 

って思ってよく聞くと
こう言われた。

 

 

トマトはめっちゃ素直だから
痛いとか苦しいって感じると
すぐにSOSを出す。

 

だけど

ニラってものすごく強くて
我慢できちゃうから

 

病気になったりしても
トマトみたいに見た目に
現れないことが多い

 

 

うーん、確かに・・・

私は自分で言うのもなんだけど
結構、我慢強いんだよね。

 

 

 

 

なんなら痛みにもわりと
強いんですよ。

 

だから

痛みとか不具合が出た時って
かなり酷い状態になってたりする

 

今回の四十肩(五十肩)
がいい例ですよね💦

 

でね

そういう我慢強い人って

自分の痛みには鈍感だけど
目の前の相手の痛みには
敏感なんだよね

 

だから

ついつい自分の痛みより
他人の痛みをケアすることを
優先しがちだったりする。

 

でもね

時には自分の痛みにも
ちゃんと気づいてあげよう

そして

その痛みをちゃんと
手当てしよう

 

だって

あなたが周りの人の
痛みを取り除いてあげたく
なるほど大切に想っている
のと同じように

あなたの周りの人だって
あなたの痛みをケアし
おもいきり笑顔になって
ほしいと思ってるんだから。

 

私もこれからはもう少し
自分の痛みに敏感になって
ちゃんと手当していきます♡

 

まずはトマトたちを見習います!

 

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました