感情はしっかり感じて消化する

織田トマトの日々

消化って食のこと
だけじゃない。

それは自分の感情に
おいても大事なこと。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

NHK朝のテレビ小説
『おかえりモネ』で

坂口健太郎さん演じる菅波の
感情を吐露したプロポーズが

話題になってますね!

 


「おかえりモネ」菅波先生ついにプロポーズ 珍しく感情爆発!ネット歓喜&心配も「俺たちの菅波の真骨頂」』より引用

 

こういうシーンを観ると
もうキュンキュンしちゃいます(笑)

 

ところで

この菅波のように

「感情」を素直に
感じたままに表現するって

結構難しいと感じる方が
多いんじゃないかと思います。

 

実際に

赤ちゃんや子どもの時は
あんなに

喜んだり、笑ったり
泣いたり、怒ったり

していたことも

大人になると
子ども時代のような強い感情って

感じなくなる方も
いるんじゃないでしょうか。

 

 

もちろんそれは

経験値が増え
初めてのことが無くなったから

ということもあります。

 

それに

心がニュートラルな状態
にある時は

何かにいちいち反応して
気持ちが右往左往することも
なくなります。

 

感情はある意味
出来事への反応だから

反応があるからいいわけでもなく
反応がないから悪いわけでもない。

 

そして

出来事に反応した時に
人によって

喜怒哀楽と言うように
いろんな感情が見られる

ということなんです。

 

この感情を素直に感じとって
表現できたら

何の問題も苦労もないけれど

 

人間の心ってその辺が
なかなか素直になれなくて

 

 

楽しいや嬉しいと言った
いわゆるポジティブなものは

たいがい素直に
反応できますけど

 

悲しいや怒りという
一見ネガティブに思える
感情に対しては

 

できたら見たくない
感じたくない

 

って思う方もいるんじゃないか
と思うんです。

 

だって

その自分の気持ちに
気づいてしまったら

 

嫌な気持ちになったり
テンションが下がったり
自分の器が小さいなぁ

 

って思ったりしてしまうから。

 

ってこう言うのは

この私自身が
そうだったからでして(^^;)

 

でもね

人間生きてれば

嬉しい楽しいばっかり
じゃないんだよね(笑)

悲しみもあるし
怒りだって感じる

 

むしろ

これまでの人生を
振り返った時に

 

自分が感じた感情を
ないものにしたり

感じきることをせず
切り替えたつもりに
なってる事の方が

 

あとあと自分の心と體に
響いてくるんですよ

 

昨日のブログで
今年は食において
「消化力」がテーマだと書きましたが

40代以降は消化力が大事!
歳を重ねれば 體もその分変化する。 そして それは食事も同じ。 だからこそ 今の自分にちょうど...

これって食の話だけじゃなく

感情においても
私が大事にしていることなんです

 

自分の気持ちに気づき
それを感じきる

 

もちろん

怒りをそのまま
誰かにぶつけろとか

悲しいままに会社で泣き叫べと
言ってるんじゃなく

 

感じた悲しみも怒りも
無いものにせず

いい悪いの判断を
下すことなく

ただただそれを
眺めるように感じきる

 

ってことなんです

 

 

気持ちってね
案外子どもみたいなところがあって。

 

お父さんやお母さんに
自分のことを
ちゃんと見てほしくて

後ろをついて回ったり
ちょっかいを出したり

そんなことした経験ありませんか?

 

それでも全く見てくれないと

駄々をこねたり
反抗してみたり。

 

 

 

自分に湧いてくる感情も
それと全く同じで

ないがしろにされれば
されるほど

後々暴れだすんです

 

そして

それは悲しみや怒りだけじゃなく
喜びや楽しみだってそう。

 

誰かに遠慮してみたり
子どもじみてると思って
スカしてしまうと

それはそれで拗ねちゃいますから。

 

食べ物を食べる時に

口の中で咀嚼して
しっかり消化された後

自分の體の栄養や血肉になり
不要なものは排泄されるように

自分の気持ちを
しっかり感じて消化する

 

 

そうすれば

喜びも楽しみも
悲しみも怒りも

自分の心の栄養になっていき

自分にとって不要なものは
自然と離れていく。

 

 

あなたの明日がそんな軽やかな
心と體で過ごせますように。

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました