均一でないからこその魅力をお届けしたい

織田トマトの日々

見た目も大きさも
全く同じ

全てにおいて
均一なものなんて
自然界にはない。

そして

その均一でない部分が
自然の最大の魅力なんだろなぁ

って農家になって
日に日に感じる。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

先日スペインで開催された
ユニークなコンテスト。

 

それは

「不細工トマト」コンテスト。

 

スペイン北部トゥデラの街で
数十件の農家が参加している

毎年恒例のイベントなんだとか。

 


割れていたり、変な形も スペインで「不細工トマト」コンテスト』より引用

 

しかも

優勝者には
イベリコ豚の生ハムが
贈られるという

なんともおもしろい
コンテストです。

 

不細工トマトとして
出品されるのは

 

大きすぎたり
いくつもの実が結合していたり

 

日本のスーパーなどでは
おそらく見かけないような
姿をしたトマトたち。

 

そして

織田トマトでもそんな
めちゃくちゃ個性的なトマトが
毎年誕生します。

 

このようなトマトたちは
箱に収まりきらなかったり
することもあって

なかなかお客さまの前には
登場する機会がない
レアキャラだったりもします。

 

だけど

見た目にもユーモラスで

収穫体験などをすると
子どもたちから
とっても人気があるんです。

 

そして

もちろんこんな大きな
トマトたちだけではなく

フルーツトマトにおいても
よく見ると

形や大きさ
色味や香り

などにおいて
全く同じなんてことはなく。

 

野菜も売り場によっては
均一であることを
求められることも多いですが

ひとつひとつが違っていて
それぞれに個性があるんですよね。

 

 

特に

私たちのような土で栽培する
フルーツトマトの場合は

栽培の土台となる土が
同じトマトハウスの中でも

場所によって
全く状態が違います。

 

ですから

均一にしたくても

全く同じフルーツトマトに
なるわけがないんです

 

むしろ

均一なフルーツトマトを
栽培したかったら

土で栽培するという選択は
真っ先に外すっていうくらいです。

 

でも

私たちは

その均一でないところに
すごく魅力を感じているんです

 

というのも

フルーツトマトって
一言で言っても

召し上がる方によって
お好みもそれぞれ。

 

しっかりしたサイズの
食べ応えがあるものが
大好きな方もいれば

私の母のように
ひとくちで食べられる
タイプがいいという方もいます。

 

トマトの味わいにおいても

ある程度大きさがある
フルーツトマトの場合は

瑞々しい果肉感が
味わいを楽しめます。

 

一方

小さめのタイプは

しっかりした果肉感で
甘みを強く感じられます。

 

そして

それらがミックスされたものを
楽しみたい方もいるんですね。

 

実際に

織田トマトで販売している
フルーツトマトが10箱あれば

10箱なりの組み合わせ
があります。

 

 

お求めになる
お客さまのお好みを
事前に知っている場合は

お好みに合わせた内容で
組み合わせることもありますし

 

お客さまのお好みが
分からなくても

お手元に届いた組み合わせは

その方だけの
世界に二つとない組み合わせ

なんです。

 

そんな風に

均一でないからこそできる
フルーツトマトの楽しみを
お届けさせていただいている

と私たちは思っています。

 

今シーズンのトマトたちを
お届けする時

ぜひあなただけの組み合わせを
お楽しみいただけたら嬉しいです。

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました