夏の猛暑日にはまず脳を冷やせ

織田トマトの日々

今年の夏もここぞとばかりに
連日猛暑日が続いています。

暑さはだるさだけではなく
熱中症などの元にもなるもの。

この夏の暑さの中で少しでも
健康に命を守る方法を取って
元気に過ごしたいですね。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

高熱が出ていた時に実感したのが
からだの上部と下部の体感温度の違い。

 

例えば

熱が39~40度ほどある時に
首から上はとにかく熱くて。

 

氷を入れた水枕と
冷凍庫で冷やして使う棒状の
アイスノンを首や額に当てて
とにかく冷やし続けていました。

 

 

一方で

首から下は悪寒があり
冬用の寝巻に冬用の布団を
重ねて被り冷えを凌いでいました。

 

体温自体は同じでも
部位によってこれだけ体感温度が
違うんですよね。

 

後で気になって調べてみると
脳は体温より少し温度が高いそうで。

 

だからこそ

夏はからだよりも脳に合わせて
温度設定をしてあげたほうが
疲労の軽減にもつながるんだそうです。

 

 

実際に

私もからだの体感温度に合わせて
部位別に冷やし方や対応を変えたら
高熱の時にもしっくりきましたし
心身状態も落ち着きました。

 

また

夏の農作業でもとにかく
頭や首などからだの上部を
徹底的に冷やします。

 

他には

脇の下なんかも保冷剤などを
使って冷やすことで
脳に行く血管をしっかり冷やすことを
意識しています。

 

 

からだはどこも大切な機能ですが
その中でも全身への指令を出す
脳をまずは正常に保つこと

 

それが健康の第一歩であり
緊急事態を回避することに繋がる

 

猛暑のハウスでの農作業だったり
先日の数日にわたる高熱において
そんなことを自らのからだを
通して体感しました。

 

今年もまだまだ猛暑日が
続くと言われています。

 

暑さによる疲労や病気などから
からだや命を少しでも守るために
冷房機器や保冷グッズを
上手に活用してくださいね。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました