苗植え完了!満身創痍の苗植えで私が一番しんどいのは○○です。

織田トマトの日々
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

織田トマトの毎年の苗植え時のテーマは、「無事に元気に帰宅する」こと。

めでたくミッション達成です☆

今シーズンの苗植え、本日無事終わりました

本日、今シーズンの苗植えが終わりましたー!!
ヤッター!!
この2日間、全身の痛みや疲れはあるものの、こうして全日程において苗植えに参加でき、自分の手でトマトハウスに今シーズンの苗たちをお迎えできたことが、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
というのも、私は昨年の苗植え準備前日に熱中症で倒れ、肝心かなめの苗植えに参加できず。。。
この時、自分の體を過信せず、こまめな休憩や水分塩分補給の大事さを身をもって実感しました。
だから、今年は自分のペースを大事に、“疲れたら休む”、“ちゃんと水分補給する”を守って、両日とも元気に作業できて本当によかったー!!

苗植えで私がもっとも痛いのがアキレス腱です

ただ、そうは言っても、毎年苗植えの時は、腰や背中、足など、全身いろんなとこが痛くなります。
その中でも、私が特に毎年1番痛くなるのはアキレス腱です。
トマトの苗を植える畝の側面は斜面になっています。
私のように背が低い人の場合、苗を植える部分に手が届きにくいので、手が届くようにするために、畝の側になるべく近づくんです。
そうすると、写真のように斜面の部分に足を乗せて作業するので、アキレス腱がずっと伸びっぱなしになるんですね。
作業後半には、このアキレス腱の伸びがとにかく辛くて。
だから、苗植え後は怪物?のような歩き方になってます。

そして、ブログでも何度も触れていますが、この時期のトマトハウスの暑さはかなりのものです。普段あまり汗をかかない私が、頭から全身びしょ濡れになる程の大量の汗をかきます。

その極端過ぎる體の反応にビックリしつつも、環境に適した反応をする自分の體の仕組みに感心してしまいます。
作業中は、適時、流れた汗を補うように、水分をしっかり補給&塩を舐める!の繰り返しです。
そして、休憩時のお楽しみがこちら。
毎年、夏の作業にはアイスを準備しています。
これがあるかないかで作業へのモチベーションが変わります(笑)
40度にもなる(しかも外と違って風がほとんど入らない)トマトハウスでの作業中に体内に籠った熱を、アイスの冷たさが心地よくクールダウンしてくれるんです。

トマトの赤ちゃん苗を目にして既に親の気持ちになっています

と、まあ、ここまで苗植え作業のしんどさをつらつらとつぶやいてしまいました💦。
でも、苗植えは確かに大変だししんどいけど、やっぱりかわいい苗たちが元気に育つ姿を見ると「がんばってよかったーっ」と思えるんですよねぇ。
この時期の暑さで苗も萎れてくるんですが、水をたっぷりかけてあげると、背筋をのばすようにピンっとなってイキイキした表情をするんです。
手をかけた分だけ、応えてくれる。
初っ端から親バカ全開ですが(笑)、このかわいい赤ちゃんたちを夫婦で大事に育てていきます。
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました