素手感覚で作業できて、日焼け対策もできる!そんな手袋を購入しました

織田トマトの日々
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

トマトたちもトマトハウスも台風10号による大きな影響はなく、午前中からいつも通りに農作業をしていました。

この“いつも通り”ということの有難みを感じます。

 

今日は引き続き誘引作業でした。

私は昨シーズンまでの誘引作業はゴム手袋で行っていました。

ただ、この暑い時期にはものすごく汗をかくので、ゴム手袋の中が汗でいっぱいになるのがちょっと気持ち悪いことや、一度ゴム手袋を外すと汗で湿った手に再びゴム手袋を装着するのがなかなか大変!

という理由から、今シーズンの初回の誘引作業では素手でやっていました。

すると、この時期の太陽を直に浴びた手の甲は、あっという間に日焼けしてそこだけ黒くなってしまいました💦

そこで、購入したのがこの手袋。

試してみると、指の感じが本当に素手の感覚に近いんです。

しかも、嬉しいUVカット機能付き💛


この濃いめのブルーが良い感じです。

手にぴったりで動かしやすい!


指のゴムの厚みが程よくて細かい作業もやりやすいです

実際にこの手袋で作業してみると、誘引作業のような手指の感覚を必要とする時にも手袋の厚みが邪魔にならず、本当に使いやすい!

苦手な作業ということでついついぼやいていた私も、今日はぼやくことなくすいすい誘引できました(笑)

そして、しばらく誘引してると。。。

あれ???

わー!!蕾が付いてるー!!

周辺のトマトたちも上の方をじっくりを見てみると、大きさはそれぞれですが蕾が付いてる子がいっぱいいました。

こういう成長の節目に出会うと、嬉しくてつい親バカモード全開でじーんときてしまいます(*´ω`*)

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました