農作業の相棒・フィールドカート。頼もしい存在だけど唯一○○が痛くなることだけが辛いです💦

織田トマトの日々
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

今日は午前中に農作業をしてから、午後は美容院に行ってきました。

私にとって癒される場所のひとつが美容院なんです。

今日も髪を整えてもらって元気をチャージしてきました!

フィールドカートをご紹介

今日も朝から夫婦で誘引(留め上げ)作業でした!

誘引作業の頼もしいパートナーがこれ。

農作業用の椅子です。

お洒落に「フィールドカート」なんて言ったりもします(^^)

初回の誘引作業では、私は椅子は使いません。
(旦那さんは腰に負担がかかるので、初回から椅子を利用しています)

初回は一本一本の苗の状態を見極めて誘引するというよりも、取り急ぎ倒れないようにまずは紐とクリップで安定させることが目的。

なので、誘引に時間がかからないのでなくても平気なんです。

けれど、2回目の誘引(留め上げ)作業からは、この椅子に座りながらやっています。

椅子があることで膝や足腰への負担が軽減できて、とても助かっています。

フィールドカートを使う時はお尻をいたわることに試行錯誤してます

ただ、ひとつだけ椅子を使うことで辛いこともあります。

それは、お尻が擦れること💧

どうしても苗から苗に移動する時に、椅子と椅子に接するお尻部分が摩擦を起こすんです。

1日中この作業をやるとして、おそらく100回を優に超える摩擦があります。

すると、1回1回の摩擦は影響がなくても、回数が増えれば増えるほどお尻の皮膚へのダメージを受けるんですよね。

なので、この椅子を使用する農家さんは、快適に使用できるようにみなさまそれぞれ工夫されています。

それは、例えば、タオルや低反発素材のものをこの椅子に付けて衝撃を少なくする、といったことなどです。

私自身も、タオルを農作業着の中に入れて、摩擦の影響を和らげています。

あとは、農作業に行く前や、帰宅してシャワーやお風呂に入った後に、毎回ボディクリームをしっかり塗ることです

ボディクリームを塗る理由は、皮膚が乾燥しているとやはりダメージを受けやすくなりますし、受けたダメージによって皮膚に色素沈着が起きるので、それをできるだけ防ぐためです。

とは言っても、やっぱりこの椅子はいろんな農作業で大活躍してくれるので、本当に有難い存在です。

この椅子のおかげさまで、こうして誘引(留め上げ)作業がはかどっています!

それにしても、8月20日に苗を植えてから本当に大きくなりました!!


トマトたちよりも私の方が被写体として大きく映ってしまってる(^^;)

初回の誘引作業をしてから、20~30㎝は伸びてます。


赤いクリップが初回の誘引をした時のもの。人間もそうですが、育ちざかりの成長スピードは本当にすごい!!

 

誘引(留め上げ)作業は、明後日まで続く予定です。

ひきつづき、フィールドカートにお世話になりながら楽しく留め上げしていきます(^^)

おまけ

今日は美容院が終わったあと、お寿司屋さんに行ってきました!

行ったのは、高知で数店舗展開されている『寿司一貫』さん。

これは、揚げなすのお寿司。

実は、高知はなすの生産量日本一なんです(*´▽`*)
(私たち夫婦は大のなす好きです🍆)

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました