トマトハウスの中はまるで学び舎。私もトマトたちと一緒に成長しています

織田トマトの日常
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

今日もニュースで台風10号の進路を度々確認していました。

高知への影響はもちろんですが、他の地域への影響も気になります。

それは、SNSなどで繋がっている農家さんをはじめ、各地の友人たちの顔を思い浮かべるからです。

できるだけ各地に影響がでないことを願ってやみません。

 

ここ数日は、畝にある草を取る作業でした。

ところで、みなさまご存じのように草のパワーって本当にすごいんです。

昔から、“雑草魂”とかって言いますけど、どんなに環境が悪くてもしっかり根を張るパワフルさが雑草にはあります。

だから、苗が土から栄養を吸収して育っていく過程では、周りの草に負けてしまうことがあります。

そのため、草が小さいうちに、こまめに畝の草を取っていきます。

トマトハウスの中でも、土の状態や水はけの具合が異なるので、草の生え方もさまざま。

ほとんど生えていない畝もあれば、密集して生えている畝もあります。

草取りの際は、カートに黒コン(黒いコンテナ)をセットして、取った草を入れていきます。

草を取った後は、こんな感じになりました。

 

草を取りながら畝を周っていると、時々、誘引した紐がクリップから外れてる苗があります。

そんな状態の苗を見かけた時には、ちゃんと起こして誘引の紐を付けなおします。

こうして草取りが終わったあとは、今シーズン2回目の誘引作業です!


青ペンで囲ったものが2回目の誘引をした苗、黒ペンで囲ったものが初回の誘引をした苗

先日、初めての誘引作業が終わりましたが、誘引してから既に20センチ以上伸びているので、以前誘引した際に付けたクリップの位置が大分下の方になっています。

誘引は一度やったら終わりではなく、苗が成長する度に茎に付けたクリップを上に留めなおしていきます。

この誘引作業は、収穫が終わる手前の時期まで定期的に繰り返し行う作業です。

そして、実は、この誘引作業こそ、私が苦手な作業のひとつだったりします💦

初回の誘引作業は、とにかく倒れる前に留めることが優先されるので、あまり深く考えずにやれるんですが(本当はもっと考えてやった方がいいんでしょうけれど(^^;))、二回目以降になると、クリップの位置や角度、留め方などを総合的に判断して行う必要があります。

私はその状況判断と、クリップを的確に留めることがとにかく下手くそなんです。。。

ただでさえ暑いトマトハウスの中で、なかなか思うようにできず、テンションが落ちていき。。。
しまいには、ついついぼやいてしまう私がいます。

そんな私を見かねた旦那さん。

ぼやきはトマトちゃんには言わないで、全部俺に言ってね!」と優しくたしなめられました💧

そんな時、自分の人としての小ささを実感するととともに(-_-;)、普段から誰のせいにすることなく淡々と自分がやるべきことをやっていく旦那さんのことを改めて尊敬したのでした。

私もまだまだ人として旦那さんやトマトちゃんたちからいろんな気づきをもらって、成長させてもらっています!!

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました