第二弾のにんにく植えました!

織田トマトの日常
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

今日の日中はいいお天気に恵まれましたが、午後から曇り空になりました。

すると湿度がぐっと上がってトマトハウス内がものすごく暑い!!

気温にして34度くらいになっていました。

10月に入り朝晩が冷えるようになってきたのでもう暑さで困ることはないかなぁと思っていると、時々こんな暑い時がやってきます。

 

9月に植えたにんにくですが、今日3つ目の芽が出てました🌱

ヤッター!!

けれど、他にも植えたにんにくは芽が出てくる気配がなく。。。

植えた場所をいくつか掘ってみると、種の色が変色していました(´;ω;`)ウッ…

そこで、追加でにんにくを植えることにしました

前回同様、夫のお父さんから種球を頂いてきました。

今回も暖地系の品種です。

この種球をひとつひとつバラします。


バラしたら、芽が出てきやすいように外側の硬い皮を剥きます


指で深さ5㎝ほどの穴を作って、その中ににんにくをひとつづつ植えていきます

今度はいくつ芽が出てくるかなぁ。

たくさんのにんにくの芽と出会えますように。

おまけ

稲刈りが終わった後の田んぼを見ると、「そろそろ冬が来るなぁ」という気持ちになります。

稲刈りが終わった後は、私たちが暮らす地域では生姜を収穫する姿をあちらこちらで見かけるようになります。

※高知県は生姜の生産量がダントツで日本一です。

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました