私が伝えたい世界観とは?

夫婦のこと

人生は
クローズアップで見れば
悲劇だが

ロングショットで見ると
喜劇だ

これは
喜劇王チャールズ・チャップリン
の言葉です。

起きた当初は
思い出したくもないことも

立場が変わったり
時間軸が変われば

それは人生に深みを生み

その人らしい味わいに
なるのかもしれない。

そして

もしかしたらそれこそが
自分が誰かのお役に立つこと
なのかもしれない。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

昨日

NJE理論ブログの講師
板坂裕治郎さんの
個別コンサルを受けました。

 

 

この個別コンサルは
NJE理論ブログセミナー
特典としてついていたもの。

 

当日はまあなんとなく
予想していましたが

裕治郎さんの一言一言が
とにかくグサグサきましたわ(^^;)

 

それは私自身が自分でも
この365日毎日ブログを書くことで

日に日に感じていたことでも
あったからです。

 

コンサルでもいろんなことを
言ってくれたんですが

その中にこんな言葉がありました。

 

それは

 

「エンジェルのブログは
トマトの職人の内容になっている。

大事なのはそこじゃなくて

どんな世界観を伝えるか

※エンジェルとは
私のニックネームです

 

そして

裕治郎さんはこう言います。

 

世界観とは

アナタが扱っている
商品ではない。

アナタの世界観は
アナタ自身なんですよ!

 

アナタが儲からない理由はこの2点です!
昨日から 個別コンサルラッシュ そしてその中で 気がついたことがある みんなが儲からないのは 2点しかない! 1点は 新規客ばかりを追っかけているから   そしてもう1点は・・・? 今日はほとんど人が間違ってい …

↑今日の裕治郎さんのブログが
まさにこの内容でしたので
ぜひご一読されてみてください!!

 

私もトマト農家になってから
全くそこを考えずにやってきた
わけではありません。

でも明確に言葉にできるほど
全然掘り下げきれていない。

このことを痛烈に感じたわけです。

 

コンサルを受けた後は

とにかくこれまでの
自分の人生を思い出していました。

 

それでね

いろんなことが
思い出されてきたわけです。

 

その大半は

胸を張って言いたいことではなく

むしろ

隠してしまいたいような
ことばかり

 

多分このことを伝えたら
私の周りから人がサーって
いなくなるんだろうなぁ

ってなくらい💦

 

もちろん全部が全部を
伝える必要もないかもしれない。

 

でも

これからもっともっと
伝えたい私の世界観を
本気で言葉にしていこうと思ったら

私自身のいろいろを
伝えることを避けては通れない

ってことがやっぱりあるんです。

 

多分私が誰かのお役に少しでも
立てることがあるなら

それはトマトの知識うんぬん
ではなく

私の人生そのものだと思うから。

 

今日はちょっと夜も遅いので
また日を改めて
ちょこちょこ書いていきます。

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました