出身地が違う夫婦の食卓

夫婦のこと

夫婦と言えども育ってきた
地域や環境が異なると
食の好みも違う。

そんな時どっちの好みで
料理を作るか?

今日はそんなことを書きました。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

お正月と言えばお雑煮。

 

とは言え私は数年前に作ったのを
最後に作ってないけど(^^;)

 

でも

お雑煮って地域によっても
使う食材が全然違うんですよね。

 

地域差すごい! お雑煮が一番おいしいと思う都道府県は?(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 日本の伝統料理であるお雑煮。冬になるとお餅を食べる機会が多くなるため、必然的にお雑煮を味わう回数も増えてきます。お餅などの食材を出汁などで煮るのが一般的ですが、実は地域によって食材や調理法に違いが

 

 

私の出身地・鹿児島だと
豆もやしと焼き海老が特徴。

 


画像はこちらからお借りしました

 

焼き海老で出汁を取るんですが
この焼き海老が他の地域だと
なかなか手に入らなくて。

 

私もお雑煮を作る時は通販で
購入しています。

 

↑家庭によって焼き海老の他に
干しシイタケや昆布などを
追加することもあります。

 

一方で

夫の故郷であり
今私たちが暮らす高知は
カツオ節で出汁を取ります。

 


画像はこちらからお借りしました

 

具材には、すまきやかまぼこ
が必須なんですね。

 

↑すまきとはかまぼこの一種で
ピンク色の棒状のもの。

 

こんな風に夫婦が違う
地域の出身だと

お雑煮だけじゃなくて
家庭の味付けにおいても

結構違ってて驚くってことが
よくあるんですよね。

 

じゃあ

我が家ではどっちの味付けで
料理を作るかというと
ほぼ鹿児島の味付けでやってます。

 

というのも

夫が鹿児島の味付けが
わりと好きなんですよね。

 

もちろん

料理によっては好みが分かれる
こともあるんだけど

鹿児島や九州の甘くてしっかりした
味つけを好んでくれるので
心置きなくやってます。

 

これってね

妻の私からすると
めっちゃ有難いことなんです。

 

そして

結婚して思い出したのが
私が20代の時に出会った
憧れのご夫婦のこと。

 

 

 

 

そのご夫婦はご主人が東京出身で
奥さまが愛知出身。

 

ご結婚された時に東京に
やってきた奥さまは

知り合いもいなくて
いろんなご不安を抱えていたそうです。

 

そんな奥さまに家の中では
少しでもホッとしてしてほしい
と思ったご主人は

料理の味付けを
奥さまの地域の味付けに
お任せしたんだそうです。

 

もちろん

ご主人が料理される時も
奥さまに愛知の味付けを
教わって作られていました。

 

それが故郷から離れて暮らす
奥さまに寂しい想いをさせない

というご主人なりの
優しさだったんですよね。

 

三つ子の魂百まで

って言うけれど

食に関しては特に年々それを
実感するようになりました。

 

 


我が家ではお味噌汁は鹿児島(もしくは九州)の麦味噌が定番です

 

 

コロナ禍になって私ももう
3年ほど帰省していません。

 

それでも

高知の我が家で故郷の味の
食卓を囲めることがすごく
幸せだなぁって思うんです。

 

だから

夫が鹿児島の醤油を使って
お鍋を作ってくれるこの冬は
妻の私にとって最高の季節です💛

 

↑トマトの繁忙期である冬は
お鍋がよく登場します。
そしてその担当は夫です(笑)

 

やっぱり

食はからだもそして心も
満たしてくれるもの。

 

この冬もおいしくしっかり食べて
元気に楽しみましょうね!

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】

1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
2017年 新規就農してトマトの栽培を始める

幼い頃、週末に父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れに来ていた。
平日はサラリーマンとして働く父親は普段全く笑顔がなかったが、週末の田んぼで汗を流す時だけは、驚くほどとびきりのいい笑顔をしていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつて父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

「仕事もプライベートも自分の人生をまるごと謳歌する大人を増やす」べく、命の源である食を支える農家になることを決意。

世の大人たちを細胞からエネルギーで満たす生命力が高いトマトを届けようと日々励んでいる。

【妻:織田茜】

1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 

都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

夫と共に高知に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培している。

夫婦のこと
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました