愛は人の数だけある

織田トマトの日々

自分の中に愛があるように
相手の中にも愛があるんですよね。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

10人いたら10通りの愛がある
ってことを昨日のブログに書いたけど

 

愛が無いんじゃなくて、それが愛だと気づいていないだけ
「愛」ってそもそも何ですか? 自分の人生をとことん楽しむ 大人で溢れる世の中にする ことをビジョンに エネルギー溢れる真...

 

それは自分以外の相手においても
そうなんですよね。

 

相手からしたら愛なんだけど
こちらにはそれが愛とは
感じられなくて。

 

相手のことを

優しくないなぁとか
いつも厳しいなぁとか
何にもしてくれない

とか思って相手のことが
なんとなく嫌になったり
苦手意識が出てしまう。

 

そして

相手と会うたびにその気持ちが
思考や感情を占めていって

相手=優しくない
相手=いつも厳しい
相手=何もしてくれない

っていうふうにすぐに相手と
結び付けてしまう回路が
脳にできちゃうから
どんどんそう思うようになる。

 

 

 

 

でも

確かにすぐに手を差し伸べて
くれないかもしれないけど

よくよく相手を観察してみると
実はいつもさりげなく心配り
してくれていたり。

 

口では厳しいことばかり
言われるけれど

毎回フォローもちゃんと
してくれてたり。

 

私が思う愛じゃなかったり
表面的に欲しい愛じゃなくても

その人なりの愛を持って
接してくれている。

 

そういう時に

愛って人の数ほどあるんだ
って気づかされるんです。

 

 

 

とは言ってもね

やっぱりどうしても
好きになれないとか
苦手だなぁってのもありますよね。

 

そういう時は
適度な距離感で接しましょう。

 

何も知り合った人全員と
ガッツリ関わり合わなくっても
いいんですから。

 

そして

相手の言動によって
辛い気持ちになったり
とても傷ついてしまうなら
その人からは離れましょう。

 

残念ながら時にはそうやって
心無い言葉を平気で放つ人も
この世の中にはいます。

 

でも

実は相手が傷ついていることに
気づけていないだけの場合もあるから

もし可能なら相手の言動によって
傷ついていることを伝えるのも
ひとつの方法だと思います。

 

まあでも

それも無理にすることはないです。

 

あなたの心が望むことを
一番大事にしてくださいね。

 

 

そして

あなたが関係を育みたい方や
大切にお付き合いしたい方
に対しては

その関係があなたにとってだけではなく
そのお相手にとっても
どんな感じだったらお互いに幸せなのか

 

それを思いめぐらせて
できるだけそこに意識を向けてください。

 

そうすることで
お互いにとって心地いい関係に
なるように自分や相手の中にある愛が
発揮されていくようになりますよ。

 

 

高知から愛とまごころをこめて。

織田トマト

【夫:織田康嗣】
織田トマト栽培管理責任者
高知県高知市出身

農業を志したのは、幼い頃に見た父の姿がきっかけだった。

平日に会社員として働く父の笑った顔を見たことは無かったが、週末に田んぼで汗を流す父はとにかく笑っていたのが子ども心に強く印象に残っていた。

高校卒業後は、大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うように。そんな時、かつて父が楽しそうに田んぼをやっていた姿を思い出した。

2014年、新規就農を決意し高知県へUターン。
2017年、子ども時代に父と田んぼで汗を流した思い出の地、佐川町でトマト栽培を始める。

自分を大切にし愛することが人を大切にし愛することに繋がる。
だからこそ、食べた人が愛で満たされる、そんなトマトを届けるべく、「愛∞無限大!」を合言葉に夫婦二人三脚で日々励んでいる。

ドラマー、音響スタッフとしても高知県内を中心に活動中。

【妻:織田茜】
オンラインショップ、ブログ担当

大学時代に化粧品に魅了され、都内の化粧品メーカーに就職。
これまで10,000人以上の肌相談に対応。
また、美容知識や顧客対応の社内教育にも従事。

2014年、夫と共に高知県に移住し、2017年から夫婦でトマトを栽培。

農業に携わることでこれまで以上に食の力を知り、人は食べるもので作られていることを実感。

「美しさとは健やかであること」との考えから、心とからだを健やかに保つことを作物の力を通して届けたい!
と、トマトたちのお世話はもちろん、ブログ記事の執筆などを精力的に行っている。

織田トマトの日々
愛∞無限大|織田トマト