織田トマトのイラストは、漫画家・ナンヴヒロコさんが描いています

織田トマトの日常
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

数日間に渡ってやっていた肥料や繊維質などを

畝に撒く作業が本日終わりました!

午後からは畝の耕うん作業がスタート。

トマト農家4年目の旦那さんも耕運機の扱いが

すっかり上手になりました。

漫画家・心理アドバイザーのナンヴヒロコさん

織田トマトのホームページのトップやブログの吹き出しに使っているイラストは、漫画家で心理アドバイザーでもあるナンヴヒロコさんにお願いして描いていただいたものです。

ナンヴさんのイラストに出会ったのは、私が数年前から入っている会員制組織のFacebookグループページ。
毎回、会員組織で行われている内容をひとつの絵にして投稿されているのを見かけたのがきっかけでした。

そこに投稿されているナンヴさんの絵がとってもかわいくて。
しかも、ちゃんと特徴を捉えていて、飾らない感じがすごく素敵なんです。

当時、私は織田トマトのイラストを作りたいなぁと何気なく思っていました。
けれど、悲しいかな、私は絵がとてもへたくそなんです。

イラストレーターさんにお願いしようと考えたこともあったのですが、どなたに依頼したらいいか決めきれず。いつのまにかうやむやに。。。

そんな時に、ナンヴさんの絵を見ていたら、私たちの雰囲気にすごくピッタリだなぁと感じました。

グッドタイミングというのは続くもので、ちょうどナンヴさんが提供しているサービスについてモニターを募っているのを知り、早速応募することに。

それが素敵なご縁に繋がることになりました。

このセッションの際に、わたしたちのイラストについてもヒアリングしてもらい、制作をお願いすることにしました。

ご依頼主の幸せを徹底して追及する『しあわせになる💛似顔絵』が素晴らしかった話

ナンヴさんがされている『しあせになる💛似顔絵』のサービスは、事前のカウンセリングがついています。

そこでしっかりと要望やこのイラストを依頼した目的などを直に伝えることができるので、とっても安心できます。

その後も、メッセージツールを通じて追加のヒアリングがあり、わたしたちが好きなものやイラストの希望など、細かいヒアリングを何度も丁寧にしていただきました。

実際にやりとりをお見せできないのがなんなんですが、メッセージのやりとり何回したんだろう??っていうくらいやったと思います。

多分、この時期にメッセージツールで私が最も会話した方がナンヴさんだと思います(笑)

その結果、仕上げてくれたのがトップページのイラストなんです。

私が見ても私たち夫婦の雰囲気や特徴をとても捉えてくれています。
しかも、それだけじゃなくて、「こうなりたい」という希望までしっかり取り入れてくれるんです。

だから、見ていてすごくハッピーですし、誰かに見せたくなっちゃう♪

ナンヴさんとのメッセージをやりとりする過程で、私の希望に沿ってどんどん変わっていく絵を見ているだけに、仕上がった絵を見た時は本当に嬉しくて。

イラストを受け取った時には、もう既に愛着が湧いていました。

こうしてホームページでみなさまにイラストをお披露目することができて感無量です。
ぜひともみなさまにも可愛がっていただけたら嬉しいです。

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました