石の上にも三年。この言葉どおり3年という時間が私をトマト農家に育ててくれた

織田トマトの日々
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

毎年クリスマスには、クリスマスケーキを予約します。

今年の織田家のクリスマスケーキは、今年佐川町にオープンした

お菓子の家 repos(ルポ)』さん。

reposさんでは、24日のお渡し分は受付終了したようですが、それ以外のお日にちはまだご対応されているそうです。

 

11月下旬に収穫が始まってから、3週間あまり。

少しずつ「これは!!」という美男美女のトマトたちの割合が増えてきました。

かわい子ちゃんを見つけると、夫に「見て見て!!」って持って行って見せてるくらいです。

と、まあ今ではそんな風に我が子であるトマトたちの姿を見るだけでうっとりしちゃう私ですが、トマト農家になったばかりの頃は、今のようなトマトに対する情熱も興味もそこまでありませんでした。

というのも、実は、私は生のトマトが大の苦手です。

小学校の頃は、給食に出る生のトマトが食べられなくて、お昼休みが来ても一人教室でトマトと向かい合っている、そんな子どもでした。

そんな私が夫の「農家になりたい」という一言で夫婦で高知に移住し、農家への道を歩むことになりました。

夫が農家を志した当初、何を栽培するかは決まっていませんでした。

そろそろ栽培する作物を決める時期になった時、夫の口から出たのはまさかの「トマト」。

もちろん、私が生トマトが食べられないことは、夫も知っています。

夫の言葉を聞いたとき、ビックリするやら、「えー!!よりによってなんでトマト??」って思いました。

それでも、農家になることを決めて故郷・高知に帰ってきた夫の気持ちを尊重したくて、私はトマト農家になりました。

これまでの人生でたったの一度もトマトを購入したことがない私。

けれど、トマト農家になってからは、スーパーや直売所に行ってはトマトコーナーに足を運び、実際に購入してみたり。

トマトについてインターネットでいろいろ調べてみたり、全国の様々なトマト農家さんのサイトを訪れてみたり。

気になるトマトがあれば、お取り寄せしてみたり。

生のトマトは食べられないけれど、加熱したり料理したトマトはむしろ大好きだった私は、自分でも我が家のトマトを使っていろんな料理にチャレンジしてみたり。


お客さまから教えてもらったパンコントマテ。ワインによく合う💛

30年以上トマトを自分から最も遠いところに遠ざけて生きてきた私は、なんとかトマトとの距離を近づけるために試行錯誤。

そんなこんなであっという間に3年が過ぎていました。

これまでを振り返って思うのは、3年前よりずっとずっと私はトマトが大好きになってるなぁということ。

毎日気づけばトマトのことを考えていますし、ネットの記事を読めば、「これって私たちのサービスにも活かせないかなぁ」とイメージを膨らませたり。

美味しそうなトマト料理のレシピを見れば、即ブックマークします(笑)

こんなにトマトへの興味や関心が溢れ出るようになった私でも、今も生のトマトは食べられません。

それでも、我が子たちへの情熱はどんどん大きくなっています。

石の上にも三年。

私が身も心もトマト農家になるには3年という時間が必要だったことが、今ならよく分かります。

4年目のトマトたちを収穫しながらがら、ふとそんなことを思った日曜日でした。


4年目のトマト。こんなかわいいトマトたちの姿を見ると、もうたまらなく嬉しい!!

 

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました