これがトマトハウス??この時期のトマトハウスはこの世の果て感が半端ない!!

織田トマトの日常

織田トマトの広報担当、織田茜です。

トマトハウスと言えばどんな景色を思い浮かべますか?

赤い実がたくさん実っている。
色にしたら、赤や緑、青空の青など、そんな色合いを思い浮かべる方が多いと思います。

そんなカラフルな世界を思い浮かべた方には申し訳ありませんが、この時期のトマトハウスはこんな感じなんです。

はい、まさにこの世の果て感半端なく漂ってます(笑)

トマトの品種や栽培方法によっては通年通してトマトの実を収穫しているハウスもあると思いますが、私たちが育てるトマトは、“冬春トマト”と言って、12月頃から6月いっぱいぐらいまでが収穫シーズン。

6月に収穫を終えたら、後は次のシーズンに向けて片づけが始まります。

片付ける際に青々とした状態だと大変なので、片付けの時期が始まったら茎を切り、樹が水分を吸収することを止めて枯らしていきます。
そして、樹に実っている実を外していく作業を同時進行で行っていきます。

そうなると、ハウスの中からトマトの実の赤色が消え、あんなに生き生きと茂っていた葉っぱや樹が濃い緑色から茶色に変化し、あたり一面茶色の世界になるんです。

この枯れた樹をカートに集めてハウスから運び出していく作業を繰り返していきます。

私はカラフルな色合いに満ちたトマトハウスも好きなんですが、この世の果てな感じも実は嫌いではありません。

広々とした荒野に夫婦ふたりでいるっていうのも、案外おつなものなんです。

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました