生トマトが好きな人も苦手な人にもおすすめしたい!!加熱した織田トマトの世界

未分類

織田トマトの広報担当、織田茜です。

今日のランチは織田トマトを使ったチャーハンを作って食べました。
私流のトマトチャーハンは、トマトをしっかり焼くのがコツです!

織田トマトを育てている私たち自身が織田トマトの大ファンです

我が家はトマトの収穫が終わる頃になると、せっせと収穫したトマトを冷凍しています。
それは、シーズン後も自分たちの手で育てたトマトで作った料理が食べたいからです。

織田トマトで作ったエビチリは手前味噌ですが絶品

そう!実は、わたしたち夫婦二人も立派な?織田トマトファンなんです。

私たち自身、自分たちが育てたトマトが大好きで、信頼と自信を持ってお届けしています。
だからこそ、お客さまからたくさんのうれしいお声をいただくと本当に嬉しくて嬉しくて。

そのお声に何度も励まされながら収穫時期の多忙な時も元気にやれているんだなぁといつも実感しています。

本当にありがとうございます。

織田トマトは生で食べるのはもちろん、加熱してもおいしく味わえます

なかでも、私が過熱したトマトの方が好み(生トマトは苦手)ということもあり、お客さまからの「こんなお料理したよ」のご連絡は特にものすごく喜びます(≧▽≦)

もちろん、生で食べるのも素材そのものの味わいをお楽しみいただけるのでオススメです!

が、水分を絞って育てたフルーツトマトで作ったトマト料理はとにかく濃厚な味わいだけど他の素材を邪魔せずいい具合に調和を取ってるんです!)。
そして、食べるだけで體の中から元気になるんです。

フルーツトマトの硬い皮が過熱すると柔らかくなる!そのギャップに萌える方、実は多いんです

フルーツトマトは水分を絞って育てているので、生で食べる時には皮が一般的なトマトに比べて硬めなため、苦手意識を持っている方もいると思います。

織田トマトも収穫して間もない時はやっぱり皮が硬めなので、少し置いてから召し上がる方もいらっしゃいます。

その硬い皮が過熱して火が通っていくにつれ、くたーっと柔らかくなっていく様は見てるだけで明らかに別物です。
私は料理しながらその過程を見ていて、もう堪らなく嬉しくなっちゃうんですよねぇ。
いわゆる、“萌え”ってやつです(笑)

このギャップにやられてしまったというお客さま、実は多いんです(#^^#)

今まで織田トマトは生でしか食べてなかった!!というそこのあなた。
ぜひ来シーズンは魅惑の加熱トマトの世界に飛び込んできてください。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

未分類
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました