トマトも未病対策が必須。脇芽取りと下葉かきですこやかな環境を整えます

織田トマトの日常
あかね
あかね

今日は先日『沸騰ワード10』のタサン志麻さんの放送を見て、美味しそうなお料理の数々にクギづけになりました!

そこで、今日はその放送で志麻さんが作っていたレシピの中から2つにチャレンジしてみました。

チャレンジしてみた結果は、「志麻さんってやっぱりすごい」ってこと(笑)

志麻さんのようにはできませんでしたが、それでも自分なりに美味しくできたのはすごく嬉しかったです(^^)

 

数日前に誘引(留め上げ)作業が終わり、今やっているのが“脇芽取り”と“下葉かき”です。

腋芽取りは、脇芽をとること。


青いペンで囲んでいるのが“脇芽”です

下葉かきは、下葉を取ることです。


青いペンで囲んでいるのが“下葉”です

脇芽取りと下葉かきをする理由のひとつは、栄養を分散させず主枝(メインの枝)に集中させるため。

なので、余分な脇芽などは適時取っていきます。

また、作物は太陽の光を受けて光合成を行います。

そのため、植物の成長にとって葉っぱはとても大事なものなんですが、葉っぱが重なり合ったり、脇芽が大きく伸びていることで光が当たりにくくなると、十分な光合成ができなくなってしまいます。

それぞれの葉っぱに光がちゃんと当たるようにするため、適切な状態に整えていくんです。

また、これが最も大事なポイントなんですが、葉っぱや脇芽が茂った状態だと風通しが悪くなり、その中に湿気がたくさん溜まってしまいます。

湿気が溜まるとそこに病気が発生しやすくなるため、風通しのいい状態にするために適切な枚数の葉っぱを残し、下部分の葉っぱは取ってしまいます。

まだ脇芽も下葉も小さく柔らかいので、ハサミを使わなくても取れる場合が多く、両手の指をひたすら動かして取っていきます。

脇芽と下葉を取った後は、本当にスッキリ!

こちらがビフォアー。

こちらがアフター。

脇芽と下葉を取って整えた後のトマトたちは、樹の間を風がそよそよと通り抜け、こちらが見ていてもとっても気持ちよさそうにしてるんです。

これから数日にわたって佐川町は雨が降る予報が出ています。

病気の予防のためにも、明日もフルパワーで脇芽と下葉を取って取って取りまくります!!

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました