子どもにとっての太陽はお母さんです

織田トマトの日々

子どもにとっての太陽。

それは

「お母さん」。

お母さんが笑っていることが

子どもにとっては
しあわせなんです。

だからこそ

お母さんたちが
笑顔でいられる世の中で
あってほしい。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

小学校3年生で
こんなエモい短歌ってすごいなぁ。

 


元記事はこちら

 

私がタイムマシンで
過去にタイムスリップして

誰かひとりを救えるなら
私が救いたいと思う人物。

 

それは

私の母です。

 

母は小さいころから病弱で
ほとんど学校に通えず

病気で迷惑をかけた両親に
これ以上心配をかけたくなくて

親元を離れて就職し
縁あって父と結婚しました。

 

けれど

私が物心ついた頃には
父のことで泣いている母の姿を
よく見るようになりました。

 

だから小さな頃から私は

とにかく

母をしあわせにしたい

って思ってた。

 

母が笑ってくれたら
それだけで嬉しかったし

母が笑うなら

自分にできることは
なんでもしようって思ってた。

 

そんなことを
思っていた私は

大人になって
化粧品会社に就職して

多くの女性のお肌悩みに
対応するようになりました。

 

 

お客さまの中には
お母さんたちも多くいて

いろんなお悩みを
聞かせてもらいました。

 

初めての出産や
産後の体調や精神の不安定さ
子どものお肌の悩みなど

抱えているお悩みはそれぞれ。

 

でも

そのお悩みを話される
お母さんたちはみんな

心がいっぱいいっぱいに
なっていて

顏から笑顔が消えていました。

 

そんなお母さん方を見ていて

私は自分の母を
思い出したんです。

 

子どものためを想って
家庭のことを想って

自分のことは
二の次、三の次にしていた母。

 

でも

私は母に対して
そんなに無理しなくていいから

もっと自由に楽しく
生きてほしい

ってずっと思ってた。

 

子どもの私にとっては

母が笑顔になることが
一番嬉しいことだったんです

 

 

そして、時は経ち

トマト農家になった私の元に

お子さんがいるお客さまから
こんなメッセージを
いただきました。

 

 

最近は

仕事や生活に追われていて
夜ごはんも買ってくることが

多くて。。。

 

ちゃんと手作り

できないことや

 

手をかけてあげられないことが

 

悲しくて罪悪感を

持っていました。

 

それは自分に対してもそうで
ごはんもしっかり
食べられていなかったんです。

 

そんな時に
織田トマトを食べたら

 

体中にエネルギーが行き渡って
久しぶりに生きている食べ物を
口にできたって感じました。

 

 

このメッセージをもらった時

私はなんだか

自分の幼少期に
タイムスリップして

お客さまを通して

母のお役に立ったような
そんな気持ちになったんです。

 

そして

私もそうだったけど

 

子どもってね

お母さんが笑顔でいるってだけで
しあわせなんですよ

 

だからね

自分がいっぱいいっぱいの時は
ちょっとひと休みして

自分が笑顔になれることを
しましょう。

 

そんなことを

トマトを購入された
お客さまにも

化粧品会社で
ご対応していたお客さまにも

私はずっと伝えてきました。

 

そして思ったんです。

 

それは

「母をしあわせにしたい」

って子どもの時に
心から願ったあの気持ちを

世のお母さんのお役に立つことで

実現しようと
してきたのかなぁって。

 

そんな母は
トマトが大好きで

収穫が始まると
定期的に送っています。

 

 

母は私が送るトマトを
ものすごく喜んでくれるんですよね。

 

もしかすると

トマト農家になったことは
私にとって

母への親孝行なのかもしれません。

 

だって

いつまでも母の笑顔が

子どもにとっては
最高のタカラモノだからです。

 

 

 

高知からまごころこめて。

織田トマト

夫はドラマー、妻は元化粧品会社勤務の農業ど素人夫婦が高知に移住し、トマト農家になりました。
高知の山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。
私たちの合言葉は「愛、無限大」。
自分を愛で満たし、自分の中にある無限の素晴らしい可能性に気づき、自分らしい輝く未来を謳歌されること
織田トマトを召し上がるみなさまがそんな人生を歩まれることをトマトを通して応援する応援団として、夫婦ふたりチカラをあわせています。

織田トマトの日々
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました