農家が体感した簡単にできる腰痛対策

織田トマトの日々

日本人の国民病・腰痛。

それが無くなったら
日本人の幸福度は4割も増す!!

そんな腰痛におすすめしたい
簡単にできることがあるんです。

今日はそんなお話。

 

「自分を生きる」

と決めたあなたを
大空と大地のエネルギー
たっぷりのトマトで応援する

織田トマトの織田茜です。

 

テニスの錦織選手が
ストックホルム・オープンを
欠場するそうです。

 

その欠場の理由。

 

それは

腰痛

 


元記事はこちらから

 

肩こり、腰痛は日本人の
国民病とも言われていて

腰痛においては67.0%の方が
実感しているんだとか。

 

肩こり・腰痛の実態調査|頭痛・生理痛・肩こり痛など、さまざまな痛みに「ロキソニンSシリーズ」|第一三共ヘルスケア
もしも、肩こり・腰痛がなくなったら、日本人の幸福度は4割増!肩こり・腰痛の実態調査をご案内しています。ロキソニンSシリーズは、飲む「ロキソニンS内服薬シリーズ」と、塗る・貼る「ロキソニンS外用薬シリーズ」。さまざまな痛みに対応します!|第一三共ヘルスケア

 

この腰痛

私たちトマト農家も
他人事ではありません。

 

というのも

農家は農作業の多くが
中腰の姿勢だったり

同じ姿勢で長時間作業
することがとっても多いんです。

 

それによって

腰痛が悪化したり
慢性化する方がたくさんいます。

 

そんな私たち夫婦にとって
腰の痛みを最も感じやすい農作業

 

それは

収穫

です。

 

 

だから

収穫時期が近づいてくると

インナーマッスルの
トレーニングをしたり

ストレッチをいつも以上に
丁寧にやるようにしています。

 

そうやって事前に意識して
體を整えておくことで

収穫が始まった当初は
痛みや疲れを感じる腰も

ある程度、體が慣れてくると
快適に作業できるようになってきます。

 

けれど

その私以上に腰痛に
悩まされているのが夫。

 

夫は腰痛が慢性化していて
普段から腰の痛みを
感じています。

 

そんな夫に私は一年前に
とある本を勧めました。

 

その本に書いてあったのは
誰でも簡単にできるあること。

 

それは

水分を摂る

です。

 


『腰痛の9割は水で治る』(高橋洋平著、梅津拓史監修)

 

実は水分摂取に関しては
これからの季節こそ要注意!!

 

というのも

暑い季節に比べて
汗をかきにくくなりますが

全く汗をかいていないわけじゃない

 

だからこそ

意外と水分不足に陥りやすい
季節でもあるんです。

 

私はこの本を読んでから

一日の中で
水を飲む時間を
スケジューリングしました。

 

ちなみに私は

水分は水や白湯、麦茶などで
摂るようにしています。

 

けれど

肝心な夫は味がついていない
水分が苦手なのか

農作業を終えて帰宅すると

水を飲むよりも
もっぱらお酒!

というタイプで💦

 

 

 

そんな夫だったから

一年前に私と同じように
水分補給をするようになっても
体感したらすぐに止めてしまって(^^;)

 

でも改めてここしばらく

お風呂上りや寝る前
朝起きた時など

意識的に水分を摂ることを
心がけるようになりました。

 

すると

最近こんなことを言うように
なったんです。

 

それは

 

やすし
やすし

以前やった時よりも

腰の痛みがかなり

楽になってきた!!

 

そう!

やっぱりやればやっただけ
體は応えてくれる

 

本の著者である高橋氏も

 

人は痛みに敏感だけど
治っていくことには鈍感だ

 

って言っています。

 

だからこそ

まずはやってみる

そして

しばらく続けてみる

 

そうやって続けた先に
実感できる変化が
きっとやってきます。

 

もしも

腰痛に悩んでいて
「水分不足かも・・・」
と思い当たる方がいらしたら

ぜひ心掛けてみてくださいね。

 

農家の腰痛対策!楽に農作業するために私がやっている3つのこと
體が元気なら農作業も楽しい!!だから農作業の効率云々の前に農作業が楽に感じられる體づくり、一緒に始めませんか。

↑他にもこんな腰痛対策をしています。

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました