時代とともに仕事の在り方も変わる

織田トマトの日々

時代が変われば在り方が変わる。

それは

今この世にあるいろんな仕事に
だって言えること。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

トマトの収穫が始まって約3週間。

 

収穫が始まる頃は
まだ収穫する態勢に
體が慣れていないため
痛みを感じる部位が出てきます。

 

それが

腰だったり
(中腰の姿勢をすることが多いため)

 

 

手だったり
(ハサミを使う側の手に痛みが出やすい)

 

でも

私の場合は収穫に慣れてくると
痛みも和らぎだんだん
気にならなくなるんです。

 

だけど

どうしても痛みが引かない
部位があるんですね。

 

それが

左肩

 

この左肩の悩みにはここ最近
かなり悩まされています。

 

でも

これって収穫の影響
じゃないんですよね。

 

じゃあ

何が原因なのかというと
私にはひとつ思い当たること
があるんです。

 

それは

iPad

 

トマトハウスに居る時も
農作業を終えて自宅に戻ってからも

私はほとんどの時間
iPadを手にしています。

 

 

 

 

iPadでは

SNSを見たり投稿したり
ブログを読んだり
写真の加工をしたり

 

まあとにかくほぼ一日中
触りっぱなしなんですよね

 

日によっては

私はトマトに触れる時間よりも
iPadに触ってる時間の方が
多かったりもします。

 

でね

右利きの私は左手でiPadを持って
右手で入力などをしますから

どうしても左側に重さが
かかってしまうんです。

 

その痛みを日々感じながら

以前の農家の在り方と
今の農家の在り方では
だいぶ違ってきてるんだなぁ

ってことをふと思ったんです。

 

だって

以前だったら農家の多くは
収穫した作物をほぼ全量
JAさんに出荷していました。

 

だから

誰かに知ってもらうための何かを
農家がやる必要はなかった。

 

だけど

もうそういう時代じゃない

 

農家自らが自分たちの想いだったり

かわいい我が子(作物)たち
のことだったり

そういうことをどんどん
伝えていく時代になったんです

 

むしろ

それをどんどん伝えていきたい。

 

そして

そこに共鳴してくれる方と
繋がっていきたいし

その方々の暮らしを知って
お役に立っていきたい。

 

そんなことを

それぞれの農家が
それぞれの在り方で
実践してるんですよね。

 

 

↑「いらすとや」さんで見つけた
「スマホとパソコンを駆使して
農業をする農家」のイラスト。

これをイラストで書いている
いらすとやさんに感動した私

 

 

でもこれってきっと
農家の話だけじゃない。

 

病院だって
アパレルだって
会社員だって

この時代に生きている
あらゆる職種の人々がそうだったりする。

 

だから

やっぱりiPadを手放せないわけです💦

 

ということで

これからはもっと左肩を
労わっていきます(^^;)

 

ところで

あなたの仕事はいかがですか?

そして

あなたの肩は大丈夫ですか?

 

お互いに時代の恩恵を
フルに活用できる體であるために
日頃から労わり整えましょうね。

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました