トマトハウスの汚れ具合がトマトたちの成長やおいしさを決める!?

織田トマトの日常
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

今日はホームセンターで小さめのブランケットを購入しました!

我が家は山の中の集落にある為、冬になると結構冷えます。

冬に膝にかけるものがずーっと欲しかったんです。

ホッキョクグマがデザインされていて可愛いのもお気に入り。

今日から早速使ってみましたが、ポカポカしてとってもいいです。

 

普段あまり気に留めないトマトハウスの屋根。

実は、埃やらなんやらで結構汚れてます💦

屋根が汚れるとトマトたちにとってはいい環境ではありません。

それはなぜか?

屋根の汚れで太陽の光が入らなくなるからです。

すると、光合成しにくくなったり、病気になりやすくなったりしてしまいます。

農家になってみて、トマトたちや私たちがどれだけ太陽の恩恵を受けているのか身をもって実感します。

ホント、太陽ってすごい!!

これから冬を迎え、日射量がどんどん減ってく季節になっていきます。

トマトたちもこれからどんどん実をつけていくので、太陽のパワーがとっても大事になる季節。

トマトたちが元気にすくすく育つ為に、冬を迎える前のこの時期にこそトマトハウスの屋根の汚れをきれいにすることが、これからのトマトたちの成長を左右すると言っても過言ではありません。

ということで、今日は屋根の汚れ具合をチェック!

どのくらい汚れているのか

その汚れは水で落ちるのか

そういったことを確認し、必要な道具類を揃えるため、農作業を終えた後にホームセンターに行ってきました。

ちなみに、青枠で囲んだ部分が今日試し洗いをした部分。

見比べると、洗っていない部分がいかに汚れていたのかが一目瞭然ですよね!

ということでいよいよ明日、屋根を洗いますよー!!

織田トマト

夫はドラマー、妻は化粧品会社勤務の農業ど素人の夫婦が高知に移住し、2017年からトマト農家になりました。

高知のほぼ真ん中に位置する山間の小さな町・佐川町でフルーツトマトを育てています。

わたしたちの合言葉は「愛、無限大」。
食べるとつい顔がほころんでしまう、そんなしあわせ溢れるトマトをお届けしたくて夫婦二人チカラをあわせています。

織田トマトの日常
織田トマト
タイトルとURLをコピーしました