トマトは冷蔵庫じゃなく○○で保存しよう

織田トマトの日々

野菜は冷蔵庫で保存する。

私を含めて多くの方は
野菜の保存に冷蔵庫を
活用されてますよね。

でも

冷蔵庫での保存によって
野菜が持っている本来のおいしさを
楽しめなくなることもある。

今日はそんなお話。

 

自分の人生をとことん楽しむ
大人で溢れる世の中にする

ことをビジョンに

エネルギー溢れる真っ赤な太陽
のようなトマトを通して

細胞が喜び命が輝く
大空と大地の愛を繋ぐ天使💛

織田トマトの織田茜です。

 

 

お客さまと話をしていると
こんなお声をよく聞きます。

 

それは

 

トマトは冷蔵庫で保存しています

 

 

トマトを買ったら冷蔵庫に入れる。

そういう方はきっと多いと思います。

 

冷蔵庫=長持ちする

というイメージをお持ちの方も
多いですし

実際に最近の冷蔵庫は

野菜などの鮮度を長くいい状態で
保ってくれる機能がありますから

保存においては心強い味方です。

 

けれど

トマトにおいてはぜひとも
常温での保存をおススメします

 

常温って何℃?|食品の保存方法をみてみよう | 健康スケッチ
酵素の保存方法 食品の保存方法には要冷蔵とか、色々ありますよね。 酵素は発酵食品で保存にはあまり気をつかわなくて大丈夫。表示にはこのように書いてあります。 直射日光や強い衝撃を避け、常温または冷蔵庫、冷暗所に保存してくだ

↑常温については詳しくは
こちらをご覧ください

 

というのも

一般的な冷蔵庫の室温は
3℃~6℃

 

実は

これってトマトにとっては
寒すぎる環境なんです!!

 

トマトは収穫後も生きていて
呼吸をしています。

 

だから

買ってきたトマトを
おいしく召し上がる秘訣は

いかにトマトたちが心地よく
過ごせるかがポイント

なんですね。

 

トマトたちにとって快適な温度は
10℃~30℃の間

特に15℃以上だとより望ましいんです。

 

 

 

 

それに

トマトにとっては
冷やしすぎることで

いわゆる「冷害」が
起こってしまうんですね

 

それは例えば

味や触感などが変わってしまったり
水っぽくなったりする。

 

特にフルーツトマトの
魅力のひとつである

「甘さ」

に関しては感じにくくなるし
他の風味においても同じことが言えます。

 

腐りはしないし長持ちもするけど
おいしさにおいては
常温に比べるとちょっと期待外れ

なんてこともあるんです。

 

実際に栽培する過程においても
この冬の寒い季節は加温機といって

暖房を炊いて10℃以上の気温を
キープしています。

 


ビニールのダクトを通じて温かい空気をトマトハウス全体に行き渡らせます

 

ただ

そうは言っても

 

しばらく家を留守にする

食べきれない。。。

 

なんてこともありますよね。

 

そういう時は

冷蔵庫ではなく野菜室を
おススメしています

 

そして

召し上がる前の1~2日ほど前に
常温に戻される

長く日持ちもしますし

甘みなどトマト本来の味わいも
お楽しみいただけますよ。

 

さらに

長期間の保存には冷蔵ではなく
冷凍がオススメ!

 

トマト農家がやっているトマトの冷凍保存方法
トマトの農家の私が実際に自宅でやっているトマトの冷凍保存の方法をご案内します。

 

冷凍した場合は解凍して
生で食べるのではなく

凍ったままをトマト料理として
活用されてください。

 

お気に入りのトマトであればあるほど
保存の仕方でおいしさを
しっかり楽しめますよ💛

 

 

高知からまごころこめて。

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました