夫がドキドキときめく季節がやってきました!

織田トマトの日々
あかね
あかね

織田トマト広報担当、織田茜です。

今日テレビで水族館の特集をしていました。

そこに映っていたのは、美ら海水族館のジンベイザメ。

なんと、ジンベイザメの寿命は130歳と最近の研究で言われているそうです。

 

8月下旬に苗を植えて約2ヶ月半。

ちらほら赤く色づいたトマトたちが姿をみせるようになってきました。


昨日から見つけた赤く色づいたトマトたちを我が家にお持ち帰りして熟れるのを待っています

このトマトたち、実は「尻焼け」というトマトの生理障害でお尻の部分が焼けたように黒ずんだものなんです。
尻焼けは、「尻腐れ」とも言われていますが、カルシウムが足りないことで起こると言われています。


お尻部分が黒くなっています。これが「尻焼け」です。

織田トマトでは、程度の軽いもの(表面だけが黒ずんでいるもの)を「尻焼け」、程度が重いもの(表面だけでなく実にまで及んで黒い部分が凹んだ状態になっているもの)を「尻腐れ」と言って区別して呼んでいます。

この尻焼けのトマトは、尻焼けになっていないトマトと比べると早く熟れます。
また、果房の部分も他のトマトに比べて少し弱いのか、しっかり完熟させる前に尻焼けした実のほとんどが下に落ちてしまいます。

現在、トマトハウスにあるほとんどのトマトたちはまだ緑色ですが、この尻焼けのトマトがところどころで赤くなってきているのを目にするようになりました。

今日の夜、夫と話していたら、夫がこんなことを言いました。

緑の葉っぱが生い茂っている中に赤く色づいたトマトの姿が見えると、ドキッとするんだ

私たちのトマトハウスには、トマトたち以外にも、茄子やにんにくがいます。
夫は、茄子の実がつくのを見るとすごく嬉しいけれど、トマトに感じるようなドキドキしたものは感じないそうです。

トマト農家になる前、私たち夫婦は高知県の農業研修施設でさまざまな作物の栽培を経験する機会をいただきました。

きゅうり
茄子
ニラ
枝豆
オクラ
ピーマン
ししとう
生姜

これだけ色んな野菜と触れ合ったけれど、夫がときめいたのはただひとつ、トマトだけ
夫のときめきだけで私たちは栽培する野菜をトマトに決めたくらいです(笑)

そう、戦略も計画もあったもんじゃない、あったのはトマトに対するときめきただひとつ。

赤いトマトを見ると感じるドキドキ。
夫にとって、それはまるで恋してるかのよう、なんだとか。

そんな夫のときめく季節が、今年もやってきました。

 

細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ織田トマト

【夫:織田康嗣】1982年 高知生まれ 高知県立高知東高等学校卒 
大阪や東京でコンサートなどの音響スタッフやドラマーとして活動し、故郷で農業がしたいと高知にUターン。

2014年 高知県佐川町に夫婦で移住
2017年 トマト農家として新規就農する

幼い頃、週末になると父親の実家がある佐川町に、田んぼの手入れをしに父親と来ていた。

サラリーマンだった父親は、朝早くから夜遅くまで仕事で家におらず、普段は笑顔がなかった。

けれど、週末の田んぼで汗を流す時だけは、とびきりのいい笑顔をしていた。

それを見た時に、「農業っていいなぁ」となんとなく思っていたが、高校卒業後は興味があった音楽の道に進む決意をする。

東京で長年暮らすうちに、「いつかは故郷に帰りたい」と思うようになり、そんな時に頭に浮かんだのは、かつての父親が楽しそうに田んぼをやっていた姿だった。

そこで、「自分が生きたい人生を選び、とことん楽しむ」と決め、故郷・高知で農家になる事を決断。

『仕事やプライベートの区別なく、自分の人生をまるごと楽しむ大人で溢れる世の中にする』ことをビジョンに掲げる。

自分の人生をとことん楽しむためには、まず心とからだが元気でエネルギーに満ちていることが大切だと考え、おいしいだけじゃない生命力が高いトマトを届けようと決める。

夫婦で「ありがとう」「愛してる」と日々トマトたちに声を絶えずかけている。

【妻:織田茜】1978年 鹿児島生まれ 中央大学法学部卒 都内の化粧品メーカーで「肌の専門家」として年間2,000人以上の肌相談に対応。社内外で美容や応対の教育指導も手掛ける。

織田トマトの日々
細胞が喜び命が輝く大空と大地の愛を繋ぐ「織田トマト」
タイトルとURLをコピーしました